自閉症の症状と特徴について。私の赤ちゃんは発達障害?




こんにちは、あかまつりか(@BwFmm6VntlckIm0)です^^

りか
おひさしぶりですね!

もうあかまつりかのことをわすれてしまった方は、この記事を読んで思い出してくださいね(笑)

私ももう、何カ月ブログ放置してんの!って、言うくらい放置していたので、また今日から記事を書いて行こうと思っています。

書けるときに書いていきますので、またの更新を楽しみにしていてくださいね★

 

さてさて、記事が更新できなかった理由はですね~

本当にいっぱいあって、書きたいあことも山ほどあるのですが、今回は自閉症という、発達障害について記事を書いていこうと思います!

今回の記事は、私の息子(年子のカンクン4歳)が発達障害の疑いがある?かもしれないということから、発達障害について調べまくっているうちに、この記事を書いてみよう!情報を発信して見よう!と思ったのがきっかけです。

と、言うことで、今回は発達障害について、記事を書いていきます^^

自閉症とはなに?発達障害のひとつなの?

自閉症は、先天性の発達障害の一つです。障害のせいで、脳の機能がうまく働くことが出来ず、目や耳から入ってきた情報を整理して確認することが苦手とされています。

自閉症と言う名前から「他人に対して、心を閉ざしてしまいがち」に(イメージとして)感じてしまいがちですが、心の病気とは全く違います。

発達障害にも、様々な症状があって、自閉症は発達障害の大きなくくりの一つとされています。例えば、対人関係が築けない・コミュニケーションの障害、興味や行動への強いこだわりなど、、、

このような特徴があるのが自閉症の一つです。

 

似たような症状として、自閉症と同様の、特徴をもつ言葉や知識発達の遅れがほぼない、アスペルガー症候群という、発達障害もあります。

 

自閉症の症状と診断方法について

一口に自閉症と言っても、症状は色々あって、様々です。それに、自閉症の症状も強い人もいれば、弱い人もいて、健常児との境目はあいまいだと言われています。

自閉症的な行動があくまでもその子の個性だと考えられるので、判断が難しいのです。

医学的には自閉症を判断する基準が設けられています。以下の3つの能力症状が、3歳までの間に認められた場合に自閉症と判断されます。

 

社会性の欠如

自分と相手との関係を正しく理解出来ず、適切な行動をとることが難しくなってきます。目線があわないなど、周囲への関心が薄く、一緒に遊べなかったり、逆に人見知りをしないで知らない人に対しても平気で、話しかけたり、極端で一方的な関わり方をするのが特徴的です。

 

コミュニケーション能力の欠如がある

言葉の意味をうまく、理解できない特徴があります。言葉の遅れ・オウム返し・意味のない言葉の繰り返し・などがよく見られます。

ただし、全く言葉が出ない場合もあります。また、相手と視線を合わせられなかったり、極端に凝視したりすることもあります。

 

想像力の欠如

臨機応変に対応する能力が乏しく、自分の気持ちをうまく表現できないです。

「こんにちは」「ありがとう」などの反応が鈍い・新しい環境では興奮したり、泣き続けるといった、なれない体験でパニック状態に陥りやすい傾向があります。

 

自閉症も赤ちゃん・子供の個性の一つ

自閉症にはネガティブなイメージがついていますが、決して悲観しないでくださいね^^

症状をよく理解した上で、子供本人の持っている力を伸ばしていくような教育を受けさせてあげれば、社会に適応した形で、生活することはできますので、障害を持った子供さんを育てているママさん・パパさん、子供の成長を陰ながら見守ってあげてくださいね^^

 

あかまつりかでした!

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

因みに、この記事を書き上げるのに、丸3日かかりました…

いや、それ以上かも・・・(苦笑)

 

今度は、なるべく早く記事を更新出来るように頑張りますので、

今後ともあかまつりかをよろしくお願いします!!

 

それでは★

 


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com