おふろ

年子育児の寝かしつけ法!これでママも子供も安心して眠りにつけるポイント6選

年子育児をしていると、なかなか寝てくれなくて困った‥💧

なんて、いうことはありませんか?

 

「年子は赤ちゃんが2人いるみたいなもの」と、思っていたので、どうやって赤ちゃん2人をまとめて寝かしつけするか、悩みました。

お昼の寝かしつけでも大変なのに、夜も!となると、ママの体力も精神的にも持たないですよね…

 

今回は、年子育児で寝かしつけに大切なポイントをご紹介します。

目次
●年子の寝かしつけが苦痛すぎる!なぜ寝てくれないの?子供の気持ちになって考えてみる
●1歳1ヶ月違いの年子達の寝かしつけにしていた眠る前のルーテイーン【基本的な習慣づけ】
●年子育児の寝かしつけポイント【保育士ママの実践記録まとめ】

年子の寝かしつけが苦痛すぎる!なぜ寝てくれないの?子供の気持ちになって考えてみる

年子達が寝てから、家事や部屋の掃除・たまった仕事など、片付けたいことはたくさんあるにも、どうしても寝てくれないと、ママはイライラして、どうでもいい事なのについ怒鳴ってしまったり、意味もなく自己嫌悪に陥ってしまうこともあると思います。

 

特に、やらなくてはいけないことがあると、尚更焦ってしまったりしますもんね💧

でも、一度、ママの考え方(思考)から、赤ちゃんや子供の気持ちになって考えてみてください。

 

「どうしてこの子はこんなに泣くのかなぁ」→マイナスな思考ではなく、プラスに考えて「ママにもっと抱きしめて欲しいからかな」→「じゃあ、今は家事のことを考えずに今だけ年子と一緒にお昼寝しちゃおう」というシフト変換してしまうと、案外年子達も安心して寝付くことが出来るかもしれません。

 

年子は、どちらも赤ちゃんですが、「ママに甘えたい(くっついて寝たい!)」「妹(もしくは弟)ばかり見ていないで僕のことをもっと見て欲しい」とか、ミルクやおむつの他にも、ママを独占したいという気持ちから

泣いたり、寂しくなってしまったり、かまって欲しかったりと、 気持ち的な部分で不安になって寝付けないことも あります。

 

だから、そんな時は、ママは深呼吸してどんなに年子が泣いていても、ママだけは冷静になって焦らず優しい声で、

「ママはここにいるよ、ずっと○○の傍にいるからね」と、語り掛けるようにして年子達の間にママが入って腕枕をして、トントンとお腹や足、触れる場所があれば優しくトントンしてあげて下さい。

 

最初は、2人同時になんて寝ないし、どっちかが起きれば、音に反応してどちらも泣くと思います。

けど、子供って慣れてくるもので、下の子が泣いたとして上の子は泣くことなく寝てることもあるし、コツさえつかめば2人同時に寝かしつけも可能です

 

問題は「いかに2人同時(一緒)に寝かしつけしなきゃならない」のではなく、「安心して2人共眠りにつけるか」だと思います。

寝てくれないとママはどうしても焦りがちだけど、「子供は泣くもの」と考えを割り切って、ママ思考から年子の気持ちの寄り添った考え方に切り替えてみるといいかもしれません。

 

1歳1ヶ月違いの年子達の寝かしつけにしていた眠る前のルーティーン【基本的な習慣づけ】

年子を育てていた当時、息子(1歳6ヶ月)・長女(5ヶ月)の時、「習慣づけをする=出来るだけ1日のスケジュールを決めて行動する」という、毎日の習慣づけを目標に取り組みました。

これは、保育園入園スタート時にも有効です♩

 

私は、有休をとって年子育児に専念していたので、保育園の時間に慣れる為にも練習として習慣づけをスタートさせました。

 

▶年子育児の主な1日のスケジュール

AM5時 私起床、下の子のおむつ交換・ミルク

下の子が丁度5時頃にミルクを飲むので、そのタイミングで私も起床します。(※ 多少の前後あり)

 

朝食の準備と、主人のお弁当・上の子の離乳食作りをしておきます。

下の子は抱き枕を使って、1人でミルクを飲ませておきます。(※ 様子を見ながら)

 

 

こんな感じの授乳クッションを使って、下の子をクッションに寝かせてミルクの下に毛布のようなものをしいて高さを調節して置くと、自分の手でミルクを支えながら飲みます。

飲んだらミルクはそのままポイっと吐き捨てます💧

 

時々、うまくつかめなくて哺乳瓶を落とす時があるので、その時はもう一度哺乳瓶を固定してミルクを飲んでもらいます。

このミルクを飲んでいる間に、ご飯作りを完了させて、部屋の片付けをしたり、掃除洗濯をこなしてました。

 

下の子はミルクを飲めばご機嫌になるので、その間おもちゃで遊んでてもらうか、機嫌が悪いようだったらおんぶして、私もご飯を食べます。

 

AM7時 主人起きる 上の子も起こしてもらう

7時に主人が起きるので、ついでに上の子も起こしてもらいます。

上の子が眠そうにしてたり、ぐずっていたら、「もう少し寝かせるか・あやすか」のどちらかを決めて臨機応変に対応します。

(※ 出来るだけ8時までには起こして朝食を食べる習慣をつけておくといいです。)

 

我が家は、離乳食作りも基本簡単なものばかりで、大人の物(まだ味付けしてない段階のもの)から取り分けたりしています。

上の子は離乳食はほとんど食べない子だったので、「食べたいものを少しでも食べれたらそれでOK!」というルールを作り、少しでも食べれたら褒めたおすということをしてたら、少しずつ食べてくれるようになりました

 

だから、「うちの子は離乳食全然食べないよ」とか「離乳食なんて手でぐちゃぐちゃにして机に塗っておしまい」でも、少しでも口に持って行って食べればOKなんです!

その他で栄養は補えばいいし、深く考える必要はないですよ💗

(※ ミルクやお菓子類・ボーロなど、果物などで補っていれば〇!深く考えすぎないようにしましょうね。)

 

AM8時~9時 着替え・おむつ交換・ママの支度

朝食が終ったら、下の子を先ほどの授乳クッションに置いて(※ ハイローチェアなどでもOK!家庭に合った育児グッズを活用してくださいね。)下の子のおむつ交換・着替えをします。

次に上の子のおむつ交換・着替えをして、自分の着替えや身支度を終わしておきます。

 

その間泣いたり、何かトラブルが起きることもありますが、その時はビデオや大好きなアンパンマンをかけて少しの間テレビを見ててもらいます。

(※ ここで出来たら風呂掃除する。出来なかったら後回しか主人に頼む。)

 

我が家は、基本核家族でお互いの両親ともに現役で働いているので、頼ることはまずないです。遠方だしね💧

だから、日中はほぼワンオペで、私が朝から寝るまで育児しています。

 

AM9~9時半 天気が良かったら年子を連れて近所を散歩・雨なら家でかくれんぼやお絵かき

上の子は1歳過ぎるとだいぶ活発になってきて、家だけのおもちゃでは対処しきれないので、外で思いっきり体を動かせるようにしました。

近所をお散歩なら、ベビーカーとおんぶ紐をセットで持って行き、上の子が歩けるようなら下はベビーカーに乗せて、外の景色を楽しめるようにゆっくり押していきます。

下の子はベビーカーに嫌がらずに乗る子だったので、ベビーカーの揺れで寝る事もしばしば‥。

 

上の子はお外が大好きなので、広い公園や原っぱでおままごとしたり、虫を見たり、草をちぎって遊んだりしてました。

 

雨の日はお外にいけないので、お絵かきやかくれんぼをして家の中で遊びました。

あと、絵本も好きな子なので、絵本ナビから定期購入して絵本を読み聞かせしたりしてました。

 

AM10~10時半 家に帰って手洗い・うがい、少し休憩しながらおやつ

外から帰ってきたら手洗いとうがいは徹底して教えているので、まず洗面所に行って手を洗わせます。

下の子はウェットテッシュ(※ 除菌出来るようなもので)軽く手を拭いてから、ミルク。

上の子は、キチンと椅子に座ってからおやつと飲み物をあげてました。

 

その後はおむつ交換したり、昼食前に朝の食器を洗って片付けしておきます。ママは休む暇なく昼食作り開始です💧

 

AM11~11時半 お昼ご飯

お昼ご飯は眠くなる前に食べさせます。

ご飯を食べてすぐに寝れるように、お昼寝布団をしいておきます。下の子は、ミルク後は大体眠くなるので、お昼寝布団でゴロゴロさせておきます。

今はまだ、寝返りやハイハイもしないので基本寝かせておくことが多いですが、下の子が動くようになってからがもっと大変だった😢

 

上の子の食事を食べさせながら、私も昼食を食べます。

おむつ交換と食器を洗ったら、お昼寝タイムです。

 

AM12時~ お昼寝タイム 寝かしつけの準備

下の子が疲れて眠くなるので、お昼寝布団でトントンします。

上の子も一緒にお布団に誘って、3人でゴロンと寝ころび、真ん中は必ずママ、で両端に年子を置いて下さい。

 

腕枕しながら、両方の子のお腹を優しくトントンして、「今日もいい子だったね」とか「ママは〇〇君と〇〇ちゃん大好きだよ」「一緒にいてくれてありがとうね」と、年子達に言葉でママの気持ちを伝えながら、寝ると年子達も意外とすんなり寝付きます。

 

どうしても寝付けずにグズグズしていたら、上の子をおんぶして下の子を抱いて部屋の中をゆっくり歩き回ります。

揺れが気持ちいいのか、下の子は寝てくれるので、下の子を布団におろして、上の子もおんぶ紐をしたまま布団に下ろします。

 

まだ起きてたらおんぶ紐をとって、腕枕して「いい子だね」「○○君のこと大好きだよ」「ずっとここにいるからね」と、トントンしながら囁きます。

安心するのか、眠くなるのか、そのまま寝付くので、そのすきに自分も休憩するも良し!

スマホやPCしたり、自分の時間として使うのもありです💗

 

でも、ほとんどは、ご飯食べた後でほぼ動き回っていたので、年子と一緒に爆睡するんですけどね(笑)

 

PM3時 起こして、お昼寝布団片付け おむつ交換・おやつ、ミルクタイム

お昼は2人共寝てくれるので、3時頃起こしていきます。(※ 寝付く時間によって起きる時間も若干変わります。)

おむつ交換をして、下の子はミルク、上の子はおやつと水分補給をしていきます。

我が家ではルイボスティーをお茶のかわりとして、子供にも飲ませています。

 

我が家はアパートなので、上の子を妊娠中からウォーターサーバーを契約し、ミルクはウォーターサーバーで作っています。

ウォーターサーバーだと、簡単に作れるし、安心して使える水を子供達には飲ませたいので、ウォーターサーバーを契約しました。

 

PM4時半 自由時間

上の子のしたいことをさせて、下の事一緒に3人で遊びます。

特に上の子はトミカが好きなので3人でトミカで遊んでました。

トミカタウンにようこそ😃 #トミカタウン #トミカ #ミニカー #子供 #おもちゃ

tomboさん(@smile06810)がシェアした投稿 –

役になりきって遊ぶと尚面白いですよ💗笑

 

PM5時半 夕ご飯

夜の就寝が8時半なので、夕ご飯も早いです。

夕ご飯前にお片付けを一緒にして、手を洗います。

 

下の子にミルクと上の子にご飯を食べさせて、自分もご飯を食べます。

前までは主人を待って一緒にご飯を食べてましたが、年子が産まれたら主人の事はかまっていられないので、年子達と私で勝手にご飯を食べます🍚

 

食材宅配サービスのオイシックスという所で、キットを購入して料理&買い物に行く時間を時短しています。

「小さい子供がいて買い物に行く時間がない!」「2人も連れて買い物に行くのが難しい」というママさんの力強い味方になってくれますよ。

 

オイシックスさんにはいつも助けていただいています💗感謝。

 

洗い物をして机を綺麗にして、終了。

 

PM7時 お風呂

お布団にパジャマやおむつなど、着替えを一式用意しておきます。

バスタオルを脱衣所に置いて、おシャワーを出して、バスチェアにタオルをしいて下の子がすぐ座れるように温めておきます。

我が家では、お風呂の時に大活躍したのがこのバスチェアです。

 

上の子の時から重宝してます✨

 

お風呂は皆、基本お部屋で全裸になります。

誰もいないからリビングで服を全て脱ぎ捨てて、下の子も上の子も皆で移動します。

 

下の子はバスチェアにのせて、軽くシャワーで体を流して、おもちゃを持たせておきます。

上の子は立つことが出来るので、立たせたままシャワーで体を流し、体を洗っていきます。

(※ シャワーを使わない時は、常に下の子の体にかけておきます。)

 

上の子を洗ったら、上の子は湯船に入れます。

(※ お風呂のお湯は浅めに入れておくこと!お風呂は床が滑るので、よく転倒していたのでお湯は、大人が半身浴するくらい浅めに入れておきます。)

上の子が終ったら、次に下の子を洗います。

ポンプ式で泡タイプのものだと、体を洗うのが楽ですよ

 

下の子が終ったら、自分もさっと洗います。

年子を産んでから、抜け毛がひどく、手に絡みつくように髪が抜け落ちることが多かったので、ママ友から紹介されたシャンプー使っています。

オールインワンでリンスやコンディショナーがいらないので、シャンプーだけで楽ちんです

 

全身私も洗った後は、下の子を抱いて一緒に湯船につかります。

上の子は熱くなって上がりたくなるので、しばらく体を洗うところで遊ばせておきます。

 

下の子がほんのり温まったかなぁ~、と感じたら、上の子を入れて3人で湯船につかります。

下の子をバスチェアに乗せて、私と上の子は一緒に上がります。

 

上の子の体を拭いて、私もサッと体を拭いたら、下の子をバスタオルで包んで、リビングに移動します。

着替えが全ておいてあるので、下の子を綺麗に拭いて、肌ケアをしてあげます。

 

赤ちゃんから大人まで使えるので、我が家では全身に使っています💗

肌がしっとり、つるつるになるので好きです。

お風呂から上がったら水分補給に、年子達はミルクを飲みます。

上の子も寝る前は、ミルクを欲しがるので寝る前はミルクで対応しています。

 

PM8時半 就寝

上の子とお布団に入って、1冊絵本を読みます。

ゆっくりしたトーンで優しく語りかけるように読んでいきます。

 

下の子はミルクを飲んだまま寝付くか、起きていてもお布団に入ってトントンすれば眠りにつくので、上の子の絵本を1冊読み終えたら、部屋を真っ暗にして寝ます。

3人でくっついて、また語りかけるように「○○君今日もいい子だったね」「一緒にいてくれてありがとう」と、寝付くまでボソボソと囁きます。

(※ ママもその時は、目をつむったまま寝たふりするような感じで。)

 

 

しばらくすると、寝息が聞こえるのでそんな感じで私も寝ます。(笑)

主人は基本、私たちが寝てから帰ってくるので、主人のことは自分でやってもらい、お風呂洗いとゴミ捨て・洗濯物を畳むのは、主人の担当として、手伝ってもらっています。

出来る限り主人にも家事を手伝って貰いながら年子を協力して育てていきたいものですね💧

 

 

年子育児の1日のスケジュールは、大体上記の通りです。

子供や私の体調、その日の子供たちの気分によって、時間の変動は若干ありますが、「必ずしもその時間帯で行動しなくてはいけない」ではなく、

時間を決めて1日を有効活用することで、子供達も「この時間はこうする時間」と、小さいながらで間隔をつかんでいきます。

 

これはトイトレにも有効活用できるので、我が家を小さな保育園として、スケジュールを立てて上手く子供に習慣づけをさせておきましょう。

その為には、親が早寝早起きを徹底して生活のリズムを心がけることが必要になってきます。

 

育児はうまくいくことなんてないし、実践して見て体で覚えていくから理解していきます。

年子育児も同じで、経験してみないと分からないし、私の子はこんな風に育てたけど、書ききれないほど苦労や不安や不満もあります。

 

でも、年子が欲しかったのは事実なので、今の幸せをかみしめて、過ごしていきたいと思っています。

 

習慣づけを意識して、寝る前には年子達に自分の気持ちを言葉にして伝えよう!

「下の子が産まれてすぐ、上の子は赤ちゃん返りしてしまって‥」と、ママ友ともよく話題になります。

実際、下の子供が生まれると上の子はかまってもらいたくて、親の気を引こうとするのは事実です。

 

「何度言っても上の子が言うことをきかない」のは、ママの愛情を確かめているのかもしれないですよ。

言葉でだめなら、ぎゅっと抱きしめてみて下さい。

沢山触れて、子供の目の見て今のママの気持ちを話してみて下さい。

 

怒鳴ったり、イライラした感情をぶつけるのではなく、深呼吸して落ち着いて子供に向き合ってみて下さい。

年子育児は、上の子をなるべく優先させて、僕はママに愛させているんだ!大事にしてもらっているんだ」と、自信を持たせることで、下の事との関係も上手くいくようになるし、下の子にも優しくなれると思います。

 

年子育児の寝かしつけポイント【保育士ママの実践記録まとめ】

年子育児の寝かしつけ法をご紹介しました。

分かりにくいこともあると思いますが、保育士として年子育児をしてみて、このように育児をしています。

 

もし、年子育児の寝かしつけで悩んでいる方がいましたら、参考にしていただければと思います。

 

年子育児の寝かしつけのポイント
①年子を寝かしつけるにはママの気持ち優先ではなく、子供の気持ちを汲み取ってあげること。
②習慣づけを意識して、1日のスケジュールを見直してみよう。
③早寝早起きを習慣化しておく。
④旦那も育児や家事に協力して貰い、ママの負担を少しでも減らしましょう。
⑤年子が安心して眠れるように、ママの素直な気持ちを子供たちに伝えることが大切です。
⑥寝かしつけはママが真ん中で、両端に子供達をおいて、腕枕でお腹を優しくトントンして、愛をたくさん言葉にして伝えてあげて下さいね。

 

 

関連記事
●「育児」の記事一覧へ戻る
グリーンルイボスティーレビュー【1ヶ月続けてみた効果と実感は?】妊娠の可能性はある?
アロベビーミルクローションが届いた!使ってみた感想と口コミの評価を調べてみた
絵本が毎月届くママも嬉しいサービス!子供におすすめの「絵本定期購読」サービス3選
赤ちゃんにはウォーターサーバーの水を!安心安全なミルクで育児を楽に

 

ピックアップ記事

  1. 【寝かし付け】年子兄弟がなかなか寝ない時は、この方法を試すべし!!
  2. 不妊治療が当たり前の世界へ。知っておきたい不妊治療の基礎知識
  3. 人気のスキンケアアイテムを大研究しちゃいました!
  4. 妊娠中・産後の使ってよかった食材宅配サービス比較!赤ちゃん用おむつ・離乳食・ベビ…
  5. 「男の子がいい!」そんな妊活ママの為の産み分け講座【男の子編】

関連記事

  1. ▼育児

    正しい薬の【塗り方】と【飲ませ方】を知っておこう!

    赤ちゃんや小さい子供をお持ちのお母さんは、子供が急に熱を出したり、体調…

  2. おふろ

    【赤ちゃんのお風呂の入れ方】一人で入れる時のコツや冬のお風呂で注意すること

    新生児期に沐浴をしていた赤ちゃんも、生後1か月の検診で問…

  3. おふろ

    アロベビーミルクローションを1週間使ってみたよ!湿疹がなくなった効果とは?

    年子のかんくんを出産して、退院後、自宅で赤ちゃんを育児し、一人でお風呂…

  4. ▼育児

    【年子の育児】下の子供が1歳になるまで、どう乗り越えるか?!

    年子で出産して、退院した私達。今日から子供達と…

  5. おふろ

    人気のスキンケアアイテムを大研究しちゃいました!

    肌がデリケートな赤ちゃんの為に開発された商品をご存知ですか??…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 【保護者・パパやママ必見】あなたの子供は大丈夫?保育士は子供…
  2. 年子の育児漫画|産後うつとマタニティブルー
  3. 子供の身長を伸ばすなら!フィジカルBの効果的な飲み方と価格を…
  4. 年子の育児漫画|老化現象
  5. 【らでぃっしゅぼーやのおためしセット】食材宅配サービスを年子…
  1. 育児グッズ/アイテム

    【年子あるある】チャイルドシートに乗りたくない!助手席に乗りたいんだ!!
  2. 妊娠の準備/妊活

    妊活中にはルイボスティーが効果的?赤ちゃんの為にルイボスティーを飲んでいる人は結…
  3. ▼出産/産後

    年子を育てるママは、2人目の出産(お産)が早いのか?!
  4. おでかけ

    アンパンマン、ダンスダンスミュージアム。年子ちゃん達とお出かけしてきたよ!
  5. 産後のケア

    【出産するまで知りませんでした!!】産後は大体のママはこうなる…
PAGE TOP