年子育児、寝かしつけの方法。これでママも子供も安心して眠りにつける!




こんにちわ、まつりかです(^^)

年子育児をしていて、大変な事といえば〝寝かしつけ〟

 

赤ちゃんを、2人まとめて寝かせなきゃいけないのに、ママの腕は2つしかない。

そんなときどうする?!を記事にまとめてみました。

 

年子育児の寝かし付け

年子 寝かし付け

子供を寝かし付けるのって、とっても苦労しますよね・・・

子供が寝なくてイライラしたり、やらくちゃいけないことがあって「ママは今日は絶対寝れない!!」なんて日もありますよね(T_T)

 

私は育児(子育て)と仕事を両立していたので、〝子供たちが寝てから持ち込みの仕事をする〟なんてこともたたあり、子供たちと一緒に寝てしまえば子供も安心して眠るのですが、なかなかそうも出来ず〝子供だけ寝かし付けする〟ことが苦痛で苦痛で仕方がありませんでした。

 


絵本を活用する

私が子供には読み聞かせしたくて、子供が0歳の時から絵本を家に置いていました。最初は意味が分からないって感じで興味がないかんくん(上の子)でしたが、1歳になるころには自分で絵本をめくってみたり、「この本を読んで!」と私に持ってくるようになりました。

絵本にはこんな効果があるんです!

絵本を読むとき、親の膝にのせたり一緒に寝転んだりと、スキンシップやコミュニケーションが増すことで「オキシトシン」という愛情ホルモンが分泌されます。

このホルモンは子供のIQやストレス耐性をアップするだけでなく、読み聞かせたママにも幸福感を感じさせる効果があります。

りか
また、想像力や知的好奇心が育つなど、絵本を読み聞かせすることはとっても良いことづくしなんだよ!
絵本のある暮らし、幸せな時間。|絵本ナビ


どんな絵本がいいか知りたい場合は、⇑ ここをクリック ⇑!!


安心させる言葉を子供達に伝える

下の子が産まれたために赤ちゃん返りしてしまって・・・

なんて話よく聞きます。でも、実際、下の子供が生まれると上の子はかまってもらいたくて、親の気を引こうと精一杯悪ガキぶります。

 

子供(上の子)が言うことをきかない。言葉が通じなくてもママがシカッリ子供の目を見て伝え続けていけば、必ず子供には伝わるものです。

 

私は下の子が産まれて上の子との時間をとれるときは、必ず「ママはカンクン(長男)のことが大好きよ」「ママはかんくんとずぅっとずっと一緒だからね」「どこにもいかないよー」などと、静かな声で上の子には私の気持ちを伝え続けました。

 

特に上の子に実践すると〝僕はママに愛させているんだ!〟〝大事にしてもらっているんだ〟と自信をもつことで育児がしやすくなると思います。

私は1歳の長男を寝かし付けするとき、何かしてくれたときなどは、特に顔をみて話していました。子供の顔をみて、笑顔で自分の気持ちを言葉にすることが大切です。


 

我が子たちは、ママが大好きな子でパパには一切懐かない子でしたので、パパがいてもいなくても寝かし付けはほぼ私でした(;´・ω・`)

この方法を取り入れながら、年子ちゃんたちを寝かし付けしていきます。

 

月齢別の寝かし方

●下の子が新生児~七か月くらいなら・・・

下の子がミルクを飲んでる間に上の子を寝かし付けしましょう!

(※ これは下の子がミルクを飲めることを前提でお話ししていきます)

画像のようなバナナ型のクッションを丸くして、下の子にミルクを与えます。

まあちゃん(下の子)が生後間もない時から使用しているものです。

この丸い穴が開いた部分に子供を寝かせミルクをあげます。ミルクを支えられない間はバスタオルやぬいぐるみなんかで代用すると最後まで綺麗に飲み切ります。

時々、ミルク瓶が落ちることがありますが、上の子を寝かし付けしているので素早く体制を整えます。

ちなみに、うちの子達は自分でミルクを支え飲みきっていました(*^^*)

と、いうか、このクッションがふわふわで気持ちいいのかな?

よく、このクッションの上で眠りについていたことを思い出します。

上の子が寝入ったら、下の子のミルクをそおっと外します。

こんな授乳クッションが欲しかった!!という方は、こちらからクリック★


●下の子が八か月~二歳まで

下の子が活発になり、行動するようになってきたらママの腕をフル活用します。

子供二人を腕枕し、お腹を優しくポンポン。少し揺れながら、ママの腹筋を使う感じで。

ついでにママの腹筋も鍛えられ、いい運動にもなります!

 

因みにこの時期は、こんな感じで寝かし付けしてました。そして子供たちが寝入ったのを確認し自分もウトウトと夢の中に・・・

まとめます

育児 寝かし付け

年子育児(子育て)は本人が考えている以上に、とても手がかかます。

しんどい時期もたくさんあるし、出ていきたいと思う時もありました。

自分の余裕なんて全くないしね。

 

でも、今では子供たちも3・2歳になり、保育園で体をいっぱい使って遊んでくるからか夜はママがお腹ポンポンしなくても、横に私が一緒に寝転んでいるだけで眠りにつけるようにまでなりました。

このまま手がどんどん離れていくのかなあ、なんて、ふと寂しくも思ったり・・・

その反面、子供たちの成長もまた私の楽しみだったりします。

具合が悪かったり、反抗期だったり、場合によってはイラっとする時もありますが、今日も私は年子育児(子育て)を、めい一杯頑張っています!!

虐待や無理心中など、子供が親の犠牲になる事件が相次いでいます。このブログにきて下さった方が少しでも子供と笑顔で過ごせますように。
にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村

育児・年子 ブログランキングへ

\こちらの記事も人気です/

年子の計算も楽々便利に^^無料アプリ、子作りチェッカー!

[年子育児]ベビーカーの種類は何種類?パパでも分かるベビーカーの選び方♪

抱っこ紐なら、エルゴベビーが欲しい!口コミで人気の理由♬

年子の育児に疲れたならバウンザーを利用すべし!メリットと選び方のポイントをまとめてみたよ

二人目の育児はこれが欲しい!兄弟育児を助ける便利グッツ

[年子育児]お宮参りに行く時は、どんな所に気をつけるべき?お宮参りの基礎知識!
回覧頂きありがとうございました(^_^)/

まつりかでした♪

 

 

 


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com