▼妊活

実はいいこと盛りだくさん!年子育児のメリットとデメリットについて

「年子が欲しいけど‥、でも年子育児ってやっぱり大変なの?」

と、年子達と出掛けたりすると、おばちゃんやママ友によく声をかけられます。

 

子供は授かりものです。

妊娠や出産は思うようにいくものではありません。

 

家庭の様々な状況や考え方から何歳差で何人子供が欲しいなど、と家族計画している家庭も多いかと思います。

最近は、女性の社会進出から高齢出産が増えて、2人目を急ぐ家庭も多いそうです。

 

場合によっては、双子よりも年子は大変だ~!なんて話も聞くことも少なくない年子育児ですが、実際の所、どうなんでしょうか?

実は、我が家も計画的年子の妊娠でしたので、私の経験と周りの年子ママの声を参考に、年子育児のメリットとデメリットをまとめてみたのでご紹介します

 

目次
●年子育児のメリットとデメリット
●まとめ

 

年子育児のメリットとデメリット

▼年子育児のメリット

赤ちゃん返りがないことが多い・歳が近いので子供同士仲良く遊ぶことができる

上の子がまだ、小さいうちにママのお腹がドンドンおっきくなって、お腹に赤ちゃんがいて、その赤ちゃんが産まれてくる事を上の子は、自然に受け入れることが多いようです。

上の子は自然と赤ちゃんを受け入れて可愛がってくれるので、赤ちゃんに対するいじわるなんかもありません。

注意
我が家では2人とも赤ちゃんとして育児していたので、下の子をいじわるしたり、叩いたりとかはありませんでした。※ 個人差はあると思いますが、年子だから赤ちゃん返りは絶対にある、とは思わなかったです。

 

赤ちゃん返りがない、という点については、ママにとって育児が少し楽になるのかな。

また、子供同士の遊び方に、ほとんど差がないので、同じおもちゃを共有して遊んだりしてました。

 

家に中の良い友達がいるような感覚なんでしょうね💗

この記事にも書きましたが、見ているとこっちが思わず笑ってしまうほど、ほっこりしていて、とても可愛いです。←親ばか

 

保育園入園が有利になる!

待機児童が依然改善されないまま、仕事復帰をする女性が多いこのご時世。

ママにとって、 保育園に入れるかどうかは死活問題 であるともいえます。

 

実は、年子だと保育園入園が有利になるんですよ

補足説明
個々の家庭により状況や環境がことなるので一概にはいえませんが、待機する時期が年子の場合、比較的早い段階で待機児童から抜け出せると思います。

※ 因みに私の場合は保育所激戦区の所だったので、再就職の一年間は認可外保育に入園させていましたが、次の年から認可保育所に入園できるようになりました!

保育園についての記事はこの記事にて詳しく書いています

保育園・幼稚園関係記事一覧をみる

 

保育園や幼稚園の補助(割引)がある

保育園や幼稚園は、兄弟が同時に在籍していると、補助金・割引がきく地域もあり、中には「3人目以降は保育料無料」などと、いう地域もあります。

補足説明
市区町村により、制度内容や補助金等は異なると思いますが、金銭的負担が軽減するのは大きなメリットですね。

 

 

育児が一気に終わるので職場復帰しやすい

仕事に早く戻りたい!というママにとっては、実は年子はとっても良いのです

だって、育児が短期間でまとめて終わる為、仕事再開の予定が立てやすいんです。

 

復帰後も子供の行事にまとめて参加できるので、 多く休みをとらなくて良い 、というメリットもあるのも魅力的ですね💗

職場に迷惑をかけてしまうことも少なくて済みます。

 

赤ちゃん用品など、育児用品を使いまわすことが出来る

子供が2人以上欲しい方は、ベビー用品やベビー服を下の子に残しておくことが多いでしょう。

どれだけ綺麗な状態で保管しても、1年か2年もたてば、シミや経年劣化などが起きやすくなってきます。

 

年子の場合、すぐにベビー用品を使うことが出来るため、綺麗状態で使用することが出来ます。

ベビー服にも流行があるものですが、流行遅れにならない所もママとして嬉しい所です。

育児グッズであって良かったというランクング1位のベビーカーもあります

▼年子育児のデメリット

精神的・体力的に幼少期はママは大忙し!

一番近くにいるママにとっては、年子を育児するのは、自分の時間もなく、とっても大変だと思います💧

2人共、夜泣きがある子だと、ママもゆっくり寝てはいられないでしょう。

 

兄弟でママの取り合いになることも多く、イヤイヤ期と第一次反抗期が重なってしまうなど、精神的な苦労も多くあります。

 

経済的負担が大きい

幼稚園や保育園においては、減額制度があるとはいえ、やっぱりお金がかかるのは事実です。

子供の性別が異なる場合や、ある時期からは2人のサイズ感があまり変わらなくなったりとお下がりが出来なくなることも少なくないようです💧

 

また、幼稚園の制服などもサイズが合わなくて、新品を購入するなど、お金がかかることが多いです。

それでなくても、オムツが完璧に取れるまではオムツやお尻拭きなどの日用品も2人まとめてなんで経済的な負担は大きいと思います。

 

思春期丸まぶりはものすごく大変!

同じようなペースで育っていく年子の子供たち。

そうでなくても大変だと言われるママもパパも大変なようです。

まとめ

  • 年子の育児は大変なことももちろんありますが、魅力たっぷりな所もあります。
  • 喧嘩も多く、d怒ることもしばしばありますが、仲良く遊ぶ時もいたずらする時も2人、一緒に行動している姿は、子供同士の結束力がっても強く、ある意味すごいなぁ…と感じています。
  • 年子は可哀想と、言われがちですが、私は可哀想だとは思いません。ママを独り占めできる時間が少なくて可哀想なら、上の子との時間をもっと作ればいいぢゃないですか!そんな事いってたら、下の子は産まれた時からずっとママを独占できなくて可哀想になってしまいますよね?そんなことはないんです。下の子とコミュニケーションが泣かなか取れないな…。と感じたら、ママの休みの日に保育園でも休ませて(上の子は保育園)下の子と思いっきりデートでもしてくればいいじゃないか!要するに発想の転換が大事なのです^
  • どんな年の差もメリットとデメリットがあり、どんな年の差であっても、大変な時期と良い時期があるものです。
  • どんな歳の差であっても、子供達は兄弟を愛おしみながらすくすくと育つものです。
  • 妊活記事一覧へ戻る

    妊娠記事一覧へ戻る

     

ピックアップ記事

  1. 【妊娠38週】出産間近!ママと胎児の様子を見てみよう!
  2. ルイボスティーはダイエットに効果的?!年子ママも使ってみたよ
  3. 年子の育児に疲れたならバウンザーを利用すべし!メリットと選び方のポイントをまとめ…
  4. 年子の計算も楽々便利に!無料アプリ、子作りチェッカー
  5. 軽い、海外製ベビーカー!コンパクトでおしゃれなおすすめベビーカーを紹介

関連記事

  1. ▼妊活

    年子を妊娠したい方は必見です!年子の計算を簡単にできるアプリ

    今日は年子の計算の仕方について、面白いアプリを見つけたの…

  2. ▼妊活

    年子妊娠のリアル。実際にどうなの?体験してみて感じたメリット

    今日は今朝?早くから、年子の二番目まぁちゃんが4時…

  3. 年子/2人目/3人目妊娠

    産み分けにも効果的?!赤ちゃんのいろいろな性別占いを調べてみたよ

    赤ちゃんを授かると、性別が気になるという人も多いはず!…

  4. ▼妊活

    結婚・妊娠を望む前に。性感染症の検査をおすすめします。

    STDとは?性病はどんなものかあなたは知っていますか?STDとは、…

おすすめ記事

最近の記事

  1. STDチェッカー実際に試して見た感想・レビュー
  2. 妊婦の為のノンカフェイン飲料たんぽぽコーヒー【ぽぽたん】口コ…
  3. 【妊婦さんの腰痛対策に】妊娠したらエンジェル・サポートマット…
  4. 年子の育児漫画|保育士になってよかったと感じる瞬間
  5. 30代からの妊活サプリ|イソラコン葉酸で妊娠しやすい体へ!口…
  1. ▼妊活

    結婚・妊娠を望む前に。性感染症の検査をおすすめします。
  2. おふろ

    アロベビーミルクローションを1週間使ってみたよ!湿疹がなくなった効果とは?
  3. 育児トラブル・悩み

    ハンディークリーナーのおすすめ5選!子供の食べこぼしをサッと掃除できる快適生活に…
  4. 離乳食

    7~8ヶ月頃の離乳食レシピ。この頃は午前と午後、1日2回の離乳食に慣れていこう
  5. ▼年子の育児漫画

    年子の育児漫画ーいすとりゲーム
PAGE TOP