年子兄弟、母奮闘記。半分こ




スポンサードリンク




 

 
ランキング
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村


育児 ブログランキングへ

 

 

 

 




 

 

こんにちは、まつりかです(∩。・ω・。)⊃♡°.*・。

 

年子を妊娠した時、友達からハッキリと「計画性がないよ」・「キチンと避妊しなよ」と言われたことがあります。

その子はハッキリ物事を言うタイプの子だったから、言われた時は「あぁ、世間一般では〝年子〟はあまりいいイメージがないんだな」って印象が強かったです。

 

年子って、何故世間から比較的マイナスな意見しかでてこないんだろう。

年子はそんなに非難される程、「子供が可哀想」ではないし、「計画性がない」訳ではないです。

 

前にも少し書きましたが、私は身体に疾患を患っています。

大学生に入りたての時に、医師から「貴女はもう子供を授かることは出来ない」と言われました。

 

私って妊娠すら出来ないんだ。

じゃあ、誰とセックスしても変わんないじゃん。

子供が出来ない私を一生愛してくれる男性なんかいない。

って。

当時、めちゃくちゃ荒れてました。笑

 

だけど、旦那に出会って、今は可愛い子供達に囲まれて、カンクンが産まれた時は死ぬほど嬉かった。

自分の子供になんて会えないと思っていたから。

 

カンクンが産まれて、初めて子供を抱っこした時、正直、

「もっと子供が欲しい」

って、思いました。

 

主治医に相談して、旦那と話し合って、私の体が子供を産めなくなる前に

子供を作ろう、と、決断しました。

 

 

子供は授かり物。

と、いうけど、本当にそうだと思います。

 

だって、望んで簡単に授かれるものじゃない。

望んでも望んでも、授かれる体ではない人もいる。

 

年子だから「計画性がない」訳でも「子供が可哀想」な訳でもありません。

これだけは覚えておいて下さいね。

〝いつ妊娠しても全然構わないし、当然育てるつもりで出産する〟覚悟で年子にしています。

 

我が家は今日も賑やかです(^ω^)

 

長くなりました。

年子について、コメントを頂いたので、このような記事を書かせて頂きました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます(^_^)/

まつりかでした。

 
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村


育児 ブログランキングへ

 




 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

年子育児真っ最中の主婦、あかまつりかです。 4歳・長女まぁちゃんと、5歳・長男かんくんとの、「年子育児の奮闘ブログ」を書いてます。 年子育児をしていて悩みを抱えた方や、これから年子を妊娠するママに是非ブログを読んで見てほしいです。 もちろん年子のお母さんじゃなくても、ブログに遊びに来てくれるのは大歓迎!! 趣味は、工作・絵を描くこと。 基本的に細かい作業をするのが好きです。