年子を妊娠しました。子供は5ヶ月、2人目を妊娠。




こんにちわ、まつりかです(^ω^)

今日は、かんくん(1人目)が5ヶ月の時に2人目を妊娠した時の事を記事にしてみました。

 

2人目を授かる前

それは、長男かんくんが3ヶ月の時、旦那と今後について大切な話し合いをしました。

〝自分の持病が原因で、もう子供は授かれないかもしれない〟

これは、私のコンプレックスです。

中学生になりたての時に、医師から突然の宣告を受けました。その宣告を受けてからいろんな病院に行っては治療をし、の繰り返し。ある時、ひょんなことをきっかけに子供を授かることが出来ました。

これから一人目を出産し、かんくん(1人目)を育児しているときに「この子に兄弟を作ってあげたい」と思うようになりました。

間を置けば2人目という希望すらなくなるかもしれない(2人目を授かれない事を2人目不妊ともいいます)、という思いから年子を妊娠することを決意。

育児(子育て)をしながら、2人目を妊娠する為に妊娠生活をはじめました。

2人目を妊娠する為に

妊娠

 

①生活環境を整えよう。

とはいっても、乳幼児がいれば夜のミルクで起きなくてはいけないこともあるし、昼夜問わず泣きつづけることもあります。子供が泣いて何かを訴えることはそれが子供の仕事なので仕方がありません。が、その子供の生活リズムを徐々につけていくことで、私の生活リズムも整う。と感じました。

 


一日の生活リズム(まつりかの育児の場合)

5時・子供が起床

ミルク Or おむつ交換

6時・子供が寝ればそのまま寝かせて置く

起きていれば、私は朝食作り

7時・パパ仕事に行く

子供の着替え、ミルク Or おむつ交換

 私→朝ごはん

8時・食器を洗ったり、家の事をする

子供が眠くなる

9時・子供は昼寝(?)

私→離乳食作り

10時・おでかけ(夕飯の買い物や支援センターなど)

11時半・私→お昼ご飯

ミルク、離乳食を食べさせる。おむつ交換。

12時半・片付け、子供はお昼寝

14時・起きる、水分補給又はミルク、おむつ交換。

18時・私→夜ごはん

離乳食、ミルク。

19時・お風呂

20時・水分補給、子供を寝かしつけ。

※ その他に夜中にミルクで何回か起きてます。

この生活を徹底しました。ある程度、時間に変動することもありますが、大体はこの通りに生活してました。

ちなみに、この生活を始めたのはかんくん(1人目)が3ヶ月の時です。

 

 

②ストレスをためない。

ストレスは体に良くない。とは、分かってはいるものの、育児(子育て)にはストレスが付き物ですよね・・・

でも、このときの私は、育児が楽しくて楽しくて仕方がないって感じでした。だって、医師から「子供は授かれないかもしれない」と宣告されたのに、今、ここには私の子供がいる。

このときの私は子供が可愛くて可愛くて仕方がなくて、自分の両親にですら子供を触られることに全力で拒否してました。笑

もちろん、旦那の両親なんて県外です。近くにも寄るなって感じで、〝子供を抱っこする〟=〝子供をとられる〟のように、もの凄くピリピリしてました。←ただ単に旦那義両親が嫌いなだけ。

 

 

③無駄に体を動かす。

このときはかんくんと(1人目)無駄にお散歩に行ったりしてたなあ。ダイエット目的もかねて、一日に2回は外に出ていました。午前中に1回と午後に1回。1日10,000歩を目標に歩いてました。

私は妊娠中、食べツワリになっていたので、常に何かを口にしていました。(妊娠初期から始まって妊娠7か月頃まで)

食べツワリもあるせいで妊娠中は+11キロ太りました。汗

体重制限には厳しい産婦人科でしたので、体重が増えるたびに物凄く注意されたことを覚えています。

その増えた体重もあって、元の体重に戻そうと出産してからは必至だったんだと思います。

毎日、息子とお散歩していたせいか、2人目妊娠するときには、体重は元の体重まで落ち、2人目妊娠中も体は無駄に動かしていたと思います。(上の子がまだ赤ちゃんということもあり、私が動かざるを得ない状態を作ったのですけど‥ね。)

 

 

 

 

 

コウノトリこんな生活を繰り返しているときに、まあちゃん(2人目)を妊娠しました。かんくん(1人目)5か月の時でした。

私は、元々生理不順でしたが、かんくん(1人目)を出産してからは、産後2か月で生理が来ました。産後の生理は、期間もバラバラだと聞いていたこともあり、月に2回生理がきたこともあったし、その生理が2週間ほど長引くこともありました。

しかも、産後のセックスはその生理の日を除いた1回のみ。とくに排卵日を狙ったわけでもありません。

 

妊娠を望んでいたときは、旦那に「もうすぐ排卵日だから!!」とか「妊娠するにはこれがいいみたいだよ!」なんて。

妊娠することに執着してしまっていて、気持ちに余裕なんて全くなかったです。

 

でも、それが子供ができると妊娠出来たことの幸せや、子供がいる喜びを感じれたから?かな??

あんなに悩んでいた妊娠をたった1回でしてしまいました。

 

今だから思います。

子供は、本当に授かりものなんだ、と。

にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村

育児・年子 ブログランキングへ

まとめます。

●妊娠するには、心に余裕をもつことが大切である。

●ストレスフリーな生活を心がける。

●旦那中心の生活ではなく、子供と自分中心の生活にしてしまおう。

●なるべく体を動かす習慣をつける。

●切羽つまりすぎると、妊娠しにくくなる。

 

\こちらの記事も人気です/

年子の計算も楽々便利に^^無料アプリ、子作りチェッカー!

[年子育児]ベビーカーの種類は何種類?パパでも分かるベビーカーの選び方♪

抱っこ紐なら、エルゴベビーが欲しい!口コミで人気の理由♬

年子の育児に疲れたならバウンザーを利用すべし!メリットと選び方のポイントをまとめてみたよ

二人目の育児はこれが欲しい!兄弟育児を助ける便利グッツ

[年子育児]お宮参りに行く時は、どんな所に気をつけるべき?お宮参りの基礎知識

 

次回は「2人目妊娠(年子)になりことを伝えてみたら・・・」です。

興味がある方は読んでみてください(^^)/

 

ブログを読んで頂きありがとうございました☆彡

またお会いしましょう!

 

まつりかでした♪

 


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com