高齢出産

40代から始める高齢妊娠。高齢出産のリスクと出産費用について。

女性の社会進出が進んできて、晩婚化などの影響もあり、徐々に高齢出産になる夫婦も増えてきました。

今や社会現象でもある「保活」ですが、これもまさしく、女性の社会進出をせざる得ない環境から、きていますよね。

 

保活もままならないなら、安心して妊娠すらできない状況になりつつあります。

こんな社会だから、私は一向に高齢化社会なんだと思うんですけど…。

 

こう思っているのは私だけでしょうか💧

 

話が大幅にずれてしまったので話をもとに戻しますね。

「高齢出産にはリスクがある」と、耳にしたことはあると思いますが、「どんなリスクがあるか?」までは知らないという人が多いようです。

 

今回は、高齢出産を後悔しないためにも、全分娩の5人に1人と言われる高齢出産の年齢は何歳からか?高齢出産のリスクについて紹介していきたいと思います。

 

目次
●高齢出産の年齢は、何歳から何歳まで?
●高齢出産のリスクを見てみよう!
●高齢出産のリスクを知り、後悔しないマタニティライフにしよう
●最後に

 

高齢出産の年齢は、何歳から何歳まで?

35歳を過ぎてから出産する女性のことを「高齢出産」といいます。

※ 日本産婦人科学会の定義より引用______

35歳を過ぎると様々なリスクが出てくることから、1993年に30歳から35歳に変更にされました。

 

日本人の平均初婚年齢は、

  • 男性ー30.8歳
  • 女性ー29.2歳

となっています。

 

晩婚化による影響で出産も遅くなってきている、この頃。

この背景には、女性の社会進出が進んで仕事をする人が増えていることがわかります。

 

高齢出産のリスクを見てみよう!

高齢出産の場合は、母体と胎児の双方に様々なリスクを伴います。

ここでは、皆さんがしっているであろう、代表的なものを4つ紹介していきたいと思います。

 

1.妊娠率が下がってしまう?!そして妊娠しずらくなるって本当なの?

年齢を重ねると共に、精子と卵子の質が下がってしまい、赤ちゃんが出来づらくなってしまいます。

20代と比べてみると不妊の確立が数%の割合に対し、40代では60%を超えるほど妊娠しづらくなってしまうことが分かっています。

 

また、人口授精・対外受精に関しても不妊治療を行っても、成功率はぐんと下がると言われています。

結婚して赤ちゃんが欲しくて、性行為を行い1年経っても妊娠しない時は、不妊治療を行っている産婦人科に問い合わせしてみるといいと思います。

注意
医師によっては、不妊治療について真剣に対処して頂けないところもあります。
(※ 患者に冷たいとか)

 

私は真剣に不妊について悩んでいたのにもかかわらず、泣きたくなるほど失礼なことを言われたので、次からの受診荷はいかず。

違う病院に代えたら、そこの先生の神対応が素敵すぎて、今も注射などで行くときは、その病院でお世話になっています。

 

2.ダウン症などの染色体異常児が生まれる可能性が高くなる?!

染色体異常児とと聞いても、ピンとこない方も多いかもしれません。

ダウン症など、障害を持って生まれてくる子供が多くなるということであり、卵子の老化がその原因の一つになります。

 

女性が生み出せる卵子の数は、実は生まれた時から決まっていて、人が年齢を重ねる度に卵子事態も退化してしまいます。

卵子や精子が老化していると、染色体に異常を来たすことがあって、胎児に異常がみつかります。

 

例えば、ダウン症の発症率は25歳に出産した時と比べると、

  • 25歳で出産ー1351人に対し1人がダウン症児
  • 30歳で出産ー909人に対し1人がダウン症児
  • 40歳で出産ー112人に対し1人がダウン症児

と高年齢になるにつれ、発症率が高くなっています。

 

3.妊娠中、病気にかかりやすくなる?!

高齢出産は、子供だけでなく母体にも負担が大きくかかってきます。

そのため、病気にかかりやすくなるリスクが高いと言われています。

 

特に、妊娠中に血圧が高くなり、尿たんぱくが出たり、全身がむくんでしまうなど、帝王切開に繋がりやすくなる妊娠高血圧症候群になりやすいので、注意が必要です。

発生頻度は妊婦の10%ですが、35歳以上だと14~18%、45歳以降だと約30%が発生すると言われています。年齢を重ねると、卵巣や血管の機能が低下するので、発生確率も上がってしまいます。

 

妊娠高血圧症候群のほかにも、

  • 妊娠糖尿病
  • 甲状腺疾患
  • 流産
  • 子宮筋腫
  • 卵巣腫瘍

などにかかる確率もあがると言われています。

 

高齢出産のリスクを知り後悔しないマタニティライフにしよう

若いころは仕事やプライベートで一生懸命になってしまうものです。

だって、楽しいことがいっぱいですもんね。

 

でも、それと同じくらい、妊娠・出産も大事です。

妊娠・出産を軽く考えていた、という男女はいまだに多くいます。

 

年齢を重ねてから子供が欲しいと思っても実はもう遅いということもあります。

なので、高齢出産のリスクをよく知らずに妊娠・出産をしてしまったことを後悔しないように、まずはリスクをしっかりと知り、知識をつけることが大切です。

 

起こり得るリスクを事前にしることで、旦那さんとこのまま妊活をつづけるかどうかを考え決断することも出来ます。

 

また、ホルモンバランスを整えるために

  • 食生活を改善する
  • 適度な運動を続けて体力をつける
  • 葉酸サプリメントを摂取する

などと、自分で工夫して高齢であっても若い夫婦と変わりないような体を目指すことが大切です。

 

40歳でも妊娠・出産をした方は多くいらっしゃいます。

その方はとってもキラキラしていて、「子供を産んでよかった」と、心からおっしゃってました。

 

高齢出産はリスクが付きまとい、流産の確立も高く、悲しい気持ちになってしまうこともあるかもしれません。

でも、子供が欲しい限りは、諦めず前に進んで欲しいと思っています。

 

最後に

高齢出産にはリスクもつきものですが、デメリットばかりではなく、メリットも数多くあります。

高齢で出産することにより、食事制限や体調管理にしっかりと気を配ることが出来るなど。

 

若くして出産したママと同じように出産出来た方もいらっしゃいます。

それは、体の柔らかさや体力・食生活・健康など、様々な条件がそろって初めて、出産という大仕事をするのです。

 

子供が欲しいなら、どんな子供であったとしても大きな気持ちで受け止めて、生活していきましょうね。

ピックアップ記事

  1. 【寝かし付け】年子兄弟がなかなか寝ない時は、この方法を試すべし!!
  2. 妊娠中期に買い揃えたいアイテムまとめ。おすすめ情報!
  3. 年子の育児に疲れたならバウンザーを利用すべし!メリットと選び方のポイントをまとめ…
  4. 離乳食を作るのがめんどくさい!そんなママの為の時短アイテム
  5. 夏の三大感染症!!プール熱・手足口病・ヘルパンギーナとは?

おすすめ記事

最近の記事

  1. AFCマタニティクリーム「mitete」をレビュー!妊娠がわ…
  2. Lara Republic(ララリパブリック)は妊娠初期にお…
  3. 年子の育児漫画ーゴミ
  4. 妊活サプリトップクラス!マカナは夫婦で摂取するのがおすすめ?…
  5. 年子の育児漫画ーいすとりゲーム
  1. 年子の育児漫画

    年子の育児漫画ーいすとりゲーム
  2. 離乳食

    1歳の誕生日ケーキは手作り?それとも普通のケーキを食べれるの??
  3. ▼育児

    【寝かし付け】年子兄弟がなかなか寝ない時は、この方法を試すべし!!
  4. ルイボスティー

    ルイボスティーはダイエットに効果的?!年子ママも使ってみたよ
  5. 妊娠初期~1週から15週~

    【妊娠超初期】妊娠3週目の症状と着床後の体の変化について
PAGE TOP