妊娠 34 週!ママの様子と34 週目の胎児の体重を見ていこう




りか
こんにちは、あかまつりか(@BwFmm6VntlckIm0)です。

 

妊娠34週目は、お腹がとっても大きくなっているので、子宮に内臓が圧迫されて胸焼けや頻尿、手足のむくみといった色々なマイナートラブルが出て気安くなります。

出産が徐々に近づいているので、引き続き体調面には気をつけてくださいね^^

今回は妊娠34週目の妊婦さんと、お腹の赤ちゃんの状態について、紹介していこうと思います。

 

 

妊娠34週目のお腹の大きさについて

妊娠34週目の子宮底長は、30㎝ほどになります。

この時期からは赤ちゃんはだんだんと下に降りて来ています。

子宮底長があまり伸びなかったり、短くなったりする場合もありますので、毎回、医師の診察時に聞いてみるといいでしょう。

 

因みに私の場合は、切迫早産の気配があったので、31週目くらいから毎回薬を処方されていました。

たぶん、子宮底長が短くなっていまのだと思います・・・。

 

ただ、子宮自体重くなっているのは変わらないので、慎重に体調管理には十分気をつけ生活していきましょう^^

 

 

妊娠34週目頃は、お腹の張りも回数も増える時期ですよ!落ち着いて生活しましょう

前駆陣痛によって、不規則なお腹の張りは、妊娠34週目を過ぎるとさらに増えていきます。少し、無理をしたり、腹圧がかかった時に、お腹の張りを感じる事が多くなるかもしれません。

出血・破水を伴わないお腹の張りであれば、安静にして過ごして下さい。

30分もしてお腹の張りが収まらない場合は、切迫早産の可能性もあるので、心配な場合はすぐにでも病院の医師に診てもらうようにしましょう!

 

 

妊娠34週目の胎児の体重について

妊娠34週目の胎児は、

  • 体長430~460㎜
  • 体重1800g

前後に成長しています。すでに、2000gほどまでに、成長している子もいます。

脳神経が発達してきたおかげで感情や表情が豊になってくる子もいます。聴覚もすっかり出来上がっているので、外がうるさかったり、ママが優しく声掛けしたりすると、何らかの反応を返してくれるようになるかもしれません。

私の子供たちは、お腹を「トントン」とノックするように叩くと、お腹の中で、パンチ?キック?をして返してくれてましたよ^^

100%返してくれるとは言えませんが、返してくれることの方が年子ちゃんたちは多かったように思います。

会陰マッサージってなに?妊娠34週目からは、マッサージを始めてみよう!

出産が迫ってくると、出産当日のことで頭がいっぱいになってなってしまうと思います。

なかでも、1番気になるのが、「会陰切開」があるということだと思います。

説明 会陰切開とは?

膣と肛門の間の部分を会陰(えいん)といって、赤ちゃんが産まれる際にここの部分が伸びて、出口を広げます。

ですが、この部分がなかなかのびないと、赤ちゃんが通ってこれなくなるので、この部分(会陰)を切開しなければいけません。

切開する時は、痛いですが、基本陣痛の痛み(赤ちゃんが出てこようとする痛み)の方が強いので、切った感じは私は「音」でしかわかりませんでした。(笑)

会陰が伸びやすくなるように、お風呂上りなどに、「会陰マッサージ」をしてみてはいかがでしょうか?やり方は簡単です。

オイルで優しく、会陰部分をマッサージするだけです。今のうちから出来るので、初めてみてはいかがでしょうか?

 

 

妊娠34週目から、産前休暇へ突入!産後の準備を万全にしておきましょう!

妊娠中に仕事をしていたママは出産予定日の6週間前後にあたる妊娠34週目から、産前産後休暇を利用し始める方も多いでしょう。

お腹が大きくて、通勤に不自由だったママも、仕事から解放されて少しは安心できる日々が来るのではないでしょうか。

しかし、一方で仕事の緊張感から解放されて間食が止まらなくなってしまうと、体重が増加する悪循環に陥ってしまうので、意識して体調管理に努めてくださいね^^

また、産前休暇の時間を活用して、準備をいろいろと初めておくことも大切です。

「いざ!」という時に役にたちますよ。

関連記事

出産の入院準備はいつからすればいいの?必要な持ち物リスト一覧表

 

最後に

妊娠34週目は体と相談しながら、素敵なマタニティーライフにしていきましょう!

妊娠34週目が終われば、正期産まであと2週間ちょっと!

出産の時期が徐々に迫ってきましたね^^

体は出産の準備でいろいろなトラブルも出てきます。

  • 体が重い
  • 眠れない
  • 骨盤が痛い
  • など…

が、ピークに達して、ストレスとなってイライラしてしまうことも多くなってしまうかもしれません。

現に、私がそうでしたから、気持ちが分からなくもないです。だって、お腹は重いし、動くのも一苦労だから、すぐに息切れ・・・

なんてこともしばしば。

旦那さんは、そんな気持ちもわかってくれず、こっちが泣きたくなる日々でもの凄く情緒不安定だったことを覚えています。

そのため、妊娠34週目は、ゆっくり過ぎしながら、自分との体と相談して、適度にリフレッシュしながら、マタニティーライフをたのしんでみましょう^^

関連記事

妊娠33週目、赤ちゃんの体重とお腹の張りについて

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あかまつりかでした^^

 

\こちらの記事も人気です/

妊娠線予防クリーム、人気おすすめ商品ランキング!

年子を計画中のあなたへ。計画的に妊娠出来るおすすめサプリ5選!不妊カップルにも人気のランキング

妊娠33週目、赤ちゃんの体重とお腹の張りについて

人気商品をpickup!3輪・4輪ベビーカーのメリット・デメリットを書いてみたよ

40代から始める高齢妊娠。高齢出産のリスクと出産費用について。
にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com