感染症

またも子供が発熱して仕事を休む年子ママ。私、仕事をクビになりそうです。

それは、2016年10月30日の夕方の出来事でした…

 

年子の妹、まあちゃんがなんかいつも以上にグズってて、お兄ちゃんのかんくんが遊びに誘うも…

いや~。の一点張りで、兄を突っぱねたかと思えば、急に

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”246077.png” name=”まぁちゃん”]ママ~。だっこ~。[/speech_bubble]

と泣き出すし…

なんかおかしい!!

と、感じた私は、夕飯の準備を中止し、体温計の元へ。

体温をはかると、37.5℃。

う~ん…。ちょっと平熱より高めかな?

 

とりあえずテレビの前のソファに座り込んで離れません状態。

おかしいな〜と、思いつつも夕飯準備をして今日もパパ抜きの3人でご飯。

食事は全く手をつけず、バナナ半分と水分のみ食べて終了!

 

食事が終わってから、

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”246077.png” name=”まぁちゃん”]まぁちゃんなんか、足痛い[/speech_bubble]

 

とか、わけわからん会話をしつつ、お風呂に入るけど、まぁちゃんはやっぱりグズグズで…

その割に結構淡白な彼女なので、2歳にしてさっさっとお風呂から上がり、用意しているパジャマに自ら着替えている娘。

 

私たちが少し遅れてお風呂から上がってきたころには、まあちゃんはアイスを食べておられました!笑

その後も彼女は淡々としていて、アイスを綺麗に平らげ、さっさと私のお布団に入る模様。

時刻は20時ちょい過ぎ。

 

やっぱりおかしい!!

 

と思い、再度検温したら、熱はさっきよりぐうぅ~んと高く、38.8℃ありました…。

 

[speech_bubble type=”pink” subtype=”L1″ icon=”080710.png” name=”りか”]まじかい。[/speech_bubble]

と、いうことで、前置きが長くなりましたが、10月31日に予定していたハロウィンパーティー🎃は、いけなくなりました(´;ω;`)ち~ん

ちなみに10月31日は、同じ保育園のママさん達と打ち合わせして、当日1ヶ月前から準備するという気合の入れようだったのに…。

パパが仕事じゃなかったら、かんくんだけでもいけたのにな。
すまんよ、かんくん。(かんくんもむっちゃ楽しみにしてた(ノД`)・゜・。)

年子、まぁちゃんにふりかかる病気の正体は?

b0c0855a0421ce571e7f5e4fa331fff0_s

次の日早速小児科へ。GO-!

月曜日だからか、この時期だからか、小児科は超満員で小児科にはいかにも具合の悪そうな小学生くらいのお兄ちゃんや、生後6カ月くらいの赤ちゃんまで、病院は子供たちで大賑わいしてました;つД`)

もうね…、ここにいるだけで、私も病気貰いそうな勢いでしたよ…。本当。

 

診断結果は、インフルエンザでした!

 

終わったゼ…。

590802

▼インフルエンザとは?

感染

例年、秋から冬にかけて流行するインフルエンザ。インフルエンザウイルスは毎年のように変異しています。ワクチンも毎年、その年・シーズンの流行に合わせたものが生産される為、毎年の接種が必要になってきます。

10月に入ったら、そろそろインフルエンザの予防接種を受けるように心がけしょう^^

 

▼インフルエンザに感染したら?

  1. かかりつけの医師の指示に従って、治療を受けましょう。
  2. 安静第一です!休養をとって十分に睡眠しましょう。
  3. こまめに水分補給をしましょう。お茶やスープ類なんかも身体が温まり、体に良いですよ^^
  4. 咳やくしゃみによる、空気感染で周囲に移さない為にもマスクを着用しましょう。
  5. 人混みへの外出を控えて、無理をして学校や保育園に行かせないようにしましょう。

 

 

子どもが感染したら、大人も2次感染しないよう、マスクを必ずつけましょう!!

子供用マスクもあるよ^^

 

 

▼発症後の復帰の目安

一般的には、インフルエンザ発症前日から、発熱して5日間は、鼻やのどからウィルスを排出するといわれています。なので、その期間は外出を控える必要があります!

学校保健安全法では〝発症した後、5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児に関しては3日)を経過するまで(※要するに1週間は登校出来ないということになります)〟をインフルエンザによる出席停止期間とされています。

ただし、症状により学校医師又はその医師が「感染の恐れがない」と認めた場合、登校しても良いそうです。

[speech_bubble type=”pink” subtype=”L1″ icon=”080710.png” name=”りか”]でも、1週間も保育園、又は学校に行けないなんて、仕事しているママはどうしたらいいの~?💦[/speech_bubble]

 

そんなママには、こんなサービスもあります!

病児保育の存在をご存知ですか?

36ba3545d7baaa8ca151a286cd955d8e_s

お子さんをお持ちのママさんなら、一度は体験したことがあると思います。子供が具合が悪くて学校又は、保育園に預けられない…。

今日は大事な会議で、ママは仕事をどうしても休めない…。って、お母さん多いと思います。

私が今現在そうであるように、子供の急な病気・発熱になどに対応出来る機関があまりにも少ないのが今の現状です。

そんなママの不安をなくす為に出来たサービスは

「病児保育」

という、子供の急な発熱・病気に対応していただける保育サービスです。

]詳しくはこちら▶

 

調べている内に「こんなサービスもあるんだ!」と、発見があったので、私も今度利用してみようかな。と思います^^

私の場合は一度子供が元気な時に、どんな子供か実際保育士さん・その他の関係者に直接会って、子供と親とキチンと話をしたうえで利用することを決定しました。

利用するにはかかりつ医師の診断書やコピーなど、必要な場合があるので、病気になって今すぐ使いたい!ではなく、事前に調べて電話などで、気になるところを聞いておくといいと思います^^

 

病児保育の他に地域で活動しているファミリーサポートセンターなどもあるので、お住いの地域で検索、又は役所に問い合わせてみて下さいね(^^)

 

にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村

育児・年子 ブログランキングへ

 

\こちらの記事も人気です/

マイコプラズマ・ウレアプラズマに妊婦が感染したらどうなるの?

結婚・妊娠を望む前に。性感染症の検査をおすすめします。

年子を計画中のあなたへ。計画的に妊娠出来るおすすめサプリ5選!不妊カップルにも人気のランキング★

 

関連記事

  1. 感染症

    鼻水・鼻ずまり、風邪の季節に!鼻吸い器の時期がやってきましたよ

    ママ達が絶賛する赤ちゃんの鼻詰まり・鼻水対策に!つらくなりがち…

  2. ▼子供のケガ・病気

    冬に子供がかかりやすい感染症について

    冬は様々な感染症が流行する季節で、保育園や幼稚園が学級閉…

  3. 感染症

    夏の三大感染症!!プール熱・手足口病・ヘルパンギーナとは?

    夏に流行する小児感染症。今日は夏の三大感染症について、記事を書…

  4. 感染症

    溶連菌に感染した?!溶連菌感染症の原因と症状について

    溶連菌感染症は年子ちゃんたちも、保育園で何回か感染…

  5. 感染症

    年子育児、夏の風邪にはご用心!治すには?

    こんにちわ、まつりかです(^ω^)育児楽しんでますか?…

  1. 妊娠中期~16週から27週~

    妊娠16週目!胎動が始まる時期?!お腹や赤ちゃんの大きさについて
  2. 妊娠中期~16週から27週~

    妊娠19週目!お腹の大きさや体重について
  3. 育児グッツ・アイテム

    年子育児、お風呂編。育児グッズで役に立ったもの
  4. お宮参り

    【年子育児】お宮参りに行く時の注意点と基礎知識!お宮参りは誰と行く?
  5. ▼年子の育児

    赤ちゃん(ベビー)の日焼け止めの選び方。人気おすすめ3選!
PAGE TOP