産褥期に起こりやすい!?産後の体に起きやすいトラブルを調べてみました!




にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村

育児 ブログランキングへ

 

こんにちわ、まつりかです(*^ ^*)

今日は、産褥期(産後)に起こりやすい体のトラブルについて

記事を書いていこうと思います♪

 

\\ P I C K U P //

産後の生活、あなたはどうしてる?産後の体の回復と過ごし方について徹底的に調べてみました!!

出産後はどう過ごす??産褥期の過ごし方

 

記事を読みながら、自分に当てはまるものがないか

確認しながら読んでみて下さい。

会陰切開の痛み

1カ月検診のころのは、気にならなくなる

出産後、病産院では会陰切開することがあります。縫合はしますが、傷は数日間痛みます。

痛みで椅子に座れない時は円座を利用するといいでしょう。我慢出来ない時は、鎮痛剤を処方されることもあります。

痛みは徐々に治まり、退院するころにはだいぶ楽になるのが普通です。しかし、その後も引きつれる感じがしたり、痛みが残ることがあります。

ほとんどの場合、1カ月検診を受けるころには痛みは治まり、傷跡もほぼなくなります。

産褥熱

多くは入院中に起こる病気

産褥熱は、出産後10日以内に、2日以上、38℃以上の熱が続く時のことを言います。10日過ぎての発熱は、産褥期とは言いません。

破水や難産などのため、子宮や骨盤内に細菌感染が起きて、炎症が起こるのがおもな原因です。抗生物質を飲めば治るので、産婦人科を受診しましょう。

子宮復古不全(しきゅうふっこふぜん)

子宮の回復が悪く、血性の悪露が長引く

出産後、子宮は収縮しながら元の大きさに戻りますが、戻りが悪く、悪露がいつまでも続いて、なかなか回復しない時は子宮復古不全を疑います。

原因には、①胎盤や卵膜の一部に子宮が残っている、②子宮筋腫があったり、多胎妊娠だった、③出産時に微弱陣痛が長引いたり、出血が多かった、などが考えられます。

血性の赤い悪露が沢山出て、長引きます。そんな症状に気づいたら、1カ月検診以前でもみて貰いましょう。

子宮内に胎盤や卵膜の一部が残っていたら、取り除く治療をします。

そのほか、子宮収縮剤を使ったり、炎症を起こしているときは抗生物質を使います。

画像1

 

膀胱炎・腎盂炎(じんうえん)

膀胱炎になったら、早めに受診を

妊娠中は、細菌尿の妊婦さんが15~20%ほどいます。

特に症状がはなく、問題はないのですが、妊娠中はもともと尿に菌がいやすい時期です。そのため出産後は膀胱炎を起こしやすくなるのです。また、悪露が続くために、手入れを怠ると、細菌が尿路に入って感染を起こすことがあります。

膀胱炎になると頻尿になりますが1回に少量しか出ず、排尿後、残量感があって下腹部が痛んだりします。ひどくなると血尿が出たり、腎盂まで細菌に感染して腎盂腎炎を起こすこともあるので、早めに受診を進めます。

治療は母乳に影響がない抗生物質を服用します。

頭痛

頭痛がしたら、体を休めて

産後、頭痛がする人はわりに多く見られます。原因は育児疲れや睡眠不足、マタニティーブルースなどいろいろです。

多くの場合は体を休めることで軽くなりますが、ひどい頭痛が続く時は、病院で診て貰いましょう。

恥骨・尾てい骨の痛み

出産後、産道にかかる圧力で起こることがあります

骨盤の前面下にある恥骨結合の部分は、出産前にホルモンが分泌されて赤ちゃんが出やすいようにゆるみます。普通は、出産後、正常に戻りますが、出産後、産道に大きな圧力がかかると結合部が離れてしまい、痛むことがあります。

そんな時!!!
【テレビで大ヒット!】骨盤ウォーカーベルト


( 画像は やせたい!きれい.com より、引用 )

 

 

『骨盤』をキーコンセプトに健康&ダイエット関連商品を著名な先生と共同で企画開発、製造・販売を行う「きれいやせたいドットコム」 ぷっすまでも紹介された「骨盤ウォーカーベルト」は売上80,000枚突破の人気沸 騰の大ヒット商品です。

 

★人気JAMのモデルさんにも紹介されました。 http://ameblo.jp/ami-musee/entry-10445614705.html

★他にも★ 泉舞さんのブログで紹介されました。 http://ameblo.jp/maichin-lovefamily/day-20100824.html

★AKIママさん(日本ママモ協会会長)のブログで紹介されました。 http://ameblo.jp/blbaki/day-20100826.html

 

気になる方はTBSで大人気!骨盤ウォーカーベルトクリック★

便秘・痔

便秘と痔を繰り返すパターンにならないこと

母乳をあげていると水分が不足するので、産後も便秘になりがちです。便秘にならない為には水分を十分にとり、食事では根菜類や海藻を多くとり、適度な運動をしましょう。

便秘薬は母乳にでるので、おっぱいをあげている人は注意が必要です。赤ちゃんが下痢をするようなら服用はやめましょう。

また、痔になる人も多くいます。お産の時にいきむことや、便秘がおもな便因です。痔になったら座薬などを使い、お尻を清潔にしましょう。悪露がある間はお風呂に入れませんが、シャワーをしたり、きれいなお湯で半身浴するといいでしょう。

便秘にならないことも重要です。

 

りか:私は便秘解決法に、納豆オリーブオイルを試しているよ!

作り方は簡単!納豆にオリーブオイルを混ぜるだけ★後はお好きに、醤油で味付けして出来上がり!口当たりがマイルドになって美味しいから、便秘がちな人は、是非試してみてね♡♡

 

抜け毛

産後の抜け毛は半年から1年で元に戻る
出産後、抜け毛に悩む人は少なくありません。ホルモンのバランスが崩れることや、育児疲れやストレスが原因と考えられます。

そんなあなたへ♥

産後抜け毛・産後薄毛対策。Angel ReLien(エンジェルリリアン)

チェック表 産後抜け毛・産後薄毛は時間が経てば戻ってくると思っていませんか? 原因1頭皮の乾燥

 

 

産後のお母さんの体は、出産前の体に戻そうとさまざまな変化があります。赤ちゃんの成長過程には、ママの栄養が必要とされ、さらに、妊娠中に大量分泌されていた女性ホルモンが激減し、皮膚全体のバリア機能も低下してしまうのです。

このため肌荒れを引き起こしてしまったり、肌や頭皮の乾燥を招いてしまうこともあるのです。この時期、外的刺激が頭皮内部に侵入しやすい状態になっているので、うるおい補給を怠ると頭皮や髪の毛トラブルを引き起こしてしまいます。

2度目のダメージ

 

 

第2児産後の女性は、1度産後抜け毛を経験し、そもそも乾燥した頭皮が改善されないまま、2度目の産後抜け毛のダメージを迎えます。さらに、1人目の授乳に2人目の授乳で、体内多くの水分、ビタミン、ミネラールなど栄養分が失った上、2度の出産による骨盤の歪みや長期的に姿勢の悪い授乳による肩こり・首こりで血行不良になり、頭皮に運ばれる水分・栄養分は到着できなくなります。

頭皮の乾燥が進むと、頭皮が硬くなり、毛細血管の血行が悪くなって、毛根に栄養が届きません。

髪の製造工場である毛母細胞は栄養不足で分裂が衰え、新しい髪の毛が成長しにくく、次に生えてくる髪の毛は細くなったり、ツヤ・コシがなくパサパサになります。

健康な頭皮環境を作ることが大切 高保湿育毛剤
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
産後抜け毛・産後薄毛に!高保湿の薬用育毛剤「エンジェルリリアン」
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■⇒2人目の産後抜け毛・産後薄毛の原因を追究して開発した新商品。
やっと、これで産後抜け毛の恐怖から解放された!3種の有効成分と8種の天然植物由来の育毛サポート成分を配合
高保湿・低エタノールで肌に優しい!詳しくはこちら↓

http://angel-relien.com/lp_a1_a8/
新発想の産後抜け毛育毛剤。Angel ReLien(エンジェルリリアン)


出産後は、体に様々なトラブルがでて来やすくなります。

赤ちゃんの為、家族の為にも、ママの体は一番大切です。だって、ママが動けなくなったら「家庭」は崩壊するから。

うちの家は、私が中心になって動いているので、私がいなくなれば家庭は崩壊するでしょう。

パパはなんにも出来ない人だけど、徐々に家事・育児を覚えていけるよう、今、修行中です。笑

今日も回覧頂き、ありがとうございましたヽ(^o^)丿

まつりかでした♪

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
にほんブログ村

育児 ブログランキングへ

\こちらの記事も人気です/

年子の計算も楽々便利に^^無料アプリ、子作りチェッカー!

[年子育児]ベビーカーの種類は何種類?パパでも分かるベビーカーの選び方♪

抱っこ紐なら、エルゴベビーが欲しい!口コミで人気の理由♬

年子の育児に疲れたならバウンザーを利用すべし!メリットと選び方のポイントをまとめてみたよ

二人目の育児はこれが欲しい!兄弟育児を助ける便利グッツ

[年子育児]お宮参りに行く時は、どんな所に気をつけるべき?お宮参りの基礎知識!

 


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com