保育園・幼稚園

はやり目(流行性角結膜炎)の症状はどんなもの?子供が診断されたら保育園にはいけない?

今日は「妊娠8週目」について記事を書いていこうと思いましたが、

プールの季節がやってきたということなんで、 夏によく感染する病気 を紹介していきたいと思います!

子どもが保育園や小学校に通っているママさん、夏はプールに入る季節ですよね。

こんな病気には要注意です!

 

目次
●目やにや充血を伴う病気【はやり目】
●はやり目(流行性角結膜炎)とは
●はやり目の症状や感染期間はどのくらい?
●はやり目(流行性角結膜炎)の治療は?出席停止になる?

 

目やにや充血を伴う病気【はやり目】

夏は子供たちが大好きなプールの季節。

しかし、プールがはやり目(流行性角結膜炎)の感染経路になるのをしってましたか?

 プール内で、あるいは顔をふくタオルや洗面器を共有しただけで、感染してしまう目の病気です。 

今回は子供が感染しやすいはやり目(流行性角結膜炎)について記事をかいていこうと思います。

 

はやり目(流行性角結膜炎)とは

結膜とは、白目の表面を覆っている半透明の粘膜をさします。

この部分が炎症を起こすことで 「結膜炎」 とよばれます。

 

結膜炎の中でも問題なるのが、感染力の高い流行性角結膜炎(はやり目)です。

感染が流行しやすいことから、「はやり目」とも呼ばれ、家庭内や学校、病院など集団行動の場で次から次へと感染していきます。

特に1~5歳までの子どもが感染しやすく、事前に症状や予防法を知っておくことで感染の拡大を防ぐことが出来ます。

 

はやり目の症状や感染期間はどのくらい?

感染すると、 1~2週間の潜伏期間 を経て、発症します。

片目に発症した場合、通常数日以内に他の目にも感染します。

 

はやり目の症状としては、まず結膜が充血して、涙や目やにが沢山出始めます。

ときには出てくる涙や目やにの量が多すぎて、目が開けられないこともあります。

アレルギー性結膜炎のようにかゆみはありませんが、目の中がゴロゴロするので痛みを感じます。

 

痛みを訴えられない月例の子どもの場合は、目の痛みから目をかゆそうにこすることもあります。

また、目の周辺やあごの下あたりにあるリンパ節が腫れることもあるので、子供が目を痛がったり、かゆがった場合は注意して様子観察するようにしましょう。

 

感染期間は、発症から約1週間をすぎたあたりがピークで、その数日かけて消えていきます。

ただし、炎症が酷い場合は、黒目の表面に白い濁りが現れてしまい、濁りが消えるまでに数ヶ月かかることもあります。

 

はやり目(流行性角結膜炎)の治療は?出席停止になる?

はやり目には、特効薬がないため、1週間程度は自然治癒するのを待つしかありません。

そのため、子供が発症したら必ず眼下へいき、処方された抗生剤の目薬や、炎症を抑える目薬で対処療法をしてあげる必要があります。

 

 発症してから7~14日くらいで治まる傾向がありますが、症状がひどい場合は治るのに約2週間要することがあります。 

はやり目は感染力が高く、二次感染防止を心がけることが大切です。

はやり目は、学校保健安全法で第三種の感染症に指定されています。

 

【病状によっては学校医その他の医師において感染の恐れがないと判断されるまで】

出席停止になることが定められています。

 

「眼病くらいで‥。」と思う人もいるかと思いますが、他の子たちにうつしてしまわないようにキチンと休ませてあげてくださいね。

 

ということで、今回は「はやり目」について記事をかいてみました!

これからの季節、暑い夏を乗り切るために病気なんて吹っ飛ばすくらい元気に過ごしていきましょうね💗

ピックアップ記事

  1. 年子の育児漫画ーゴミ
  2. 【離乳食】12カ月~1歳半頃の離乳食完了期の進め方とコツ!
  3. 【年子妊娠30週】ママのお腹の大きさはどのくらい?逆子体操のやり方を伝授
  4. 妊娠中期に買い揃えたいアイテムまとめ。おすすめ情報!
  5. 2人目妊娠。年子になることを義両親や親族に報告してみたら…

関連記事

  1. 感染症

    年子と母のトリプル胃腸炎。「今日もお腹が緩いです」

    先日から年子ちゃんが胃腸炎になりまして、その胃腸炎が…

  2. 保育園・幼稚園

    保育園・幼稚園の運動会について!内容や時期など持ち物リストまとめ

    子供が保育園や幼稚園に入園して初めての運動会ともなると、…

  3. 感染症

    冬に子供がかかりやすい感染症について

    冬は様々な感染症が流行する季節で、保育園や幼稚園が学級閉…

  4. 育児トラブル・悩み

    共働きの育児事情について、子育てで問題になりやすいこととは?

    女性の社会進出と共に、出産後も働き続ける女性が増えてきて…

おすすめ記事

最近の記事

  1. STDチェッカー実際に試して見た感想・レビュー
  2. 妊婦の為のノンカフェイン飲料たんぽぽコーヒー【ぽぽたん】口コ…
  3. 【妊婦さんの腰痛対策に】妊娠したらエンジェル・サポートマット…
  4. 年子の育児漫画|保育士になってよかったと感じる瞬間
  5. 30代からの妊活サプリ|イソラコン葉酸で妊娠しやすい体へ!口…
  1. 年子/2人目/3人目妊娠

    「女の子が欲しい!」そんな妊活ママの為の産み分け講座【女の子編】
  2. 出産時・産後に必要なグッズ

    【妊婦さんの腰痛対策に】妊娠したらエンジェル・サポートマットで快適に眠ろう!口コ…
  3. 季節の行事

    さすが魔の二歳児!!あなたにはもう、母は敵いません。
  4. 妊娠後期~28週から40週~

    妊娠後期に買い揃えたいアイテムまとめ。おすすめ情報!
  5. 妊娠後期~28週から40週~

    【年子妊娠36週目】臨月!出産まであと少し
PAGE TOP