離乳食を作るのがめんどくさいあなたに朗報です!時短テクニックで簡単に作っちゃえ




こんにちは、あかまつりか(@BwFmm6VntlckIm0)です^^

赤ちゃんは、生後半年(5~6か月頃)になると、離乳食が始まります。「自分の子供のために離乳食作りを頑張りたい!」けど…。

慣れない離乳食作りと、毎食作る離乳食にだんだんと作るのがめんどくさくなってくる方もいるのではないでしょうか?(;´Д`)実は私も、最初は楽しんでやっていた離乳食作りですが、なんでも完璧にこなさないとダメな性格ゆえ、夜中も無理して離乳食作りをしていたら、なんかいつの間にか『産後鬱』にまで発展し、何もやる気が起きない・意欲がわかないという病気になってしまいました。

それからは、少しづつですが〝手抜きする〟いうことを覚えてやれるときにやるようにしています。

何事も頑張りすぎは体にはよくないということですね…苦笑

そこで、今回は、毎日の離乳食作りを楽にしてくれる、時短テクニックと調理法を紹介していきたいと思います!

 

 

離乳食がメンドクサイ‼簡単に作るコツってある?私にも教えて!!

離乳食が始まると毎日、大人とは違う赤ちゃん用の食事を用意しなければいけません。離乳食も赤ちゃんが成長していくほどに、1日1回だった離乳食も1日3回食に移行してきます。

赤ちゃんのお世話と家事・それと我が子の作る大人とは違った離乳食メニュー。産後は、慣れない育児にあり、ただでさえヘトヘトな24時間体制の育児に、毎日この離乳食作りが+(プラス)されるとなれば、誰でも1度は「メンドクサイなぁ…」って、思うと思います。

私は挫けちゃったからね。てへ

そんなママさんたちが、私のようにならないために、出来るだけエネルギーをかけず、効率的に離乳食を進められるテクニックを紹介していきます★

離乳食作りの時短テク&調理法★

離乳食作りには『コツ』があって、ここでは時短テクニックと調理方法を紹介していきますね。以下の内容を参考にしながら、離乳食作りを「楽しみながら」「自分なりに」作っていってくださいね♬

 

1.リッチェル Richell 調理用品 わけわけフリージング ブロックトレー50 1ブロック容量50ml 6ブロック 2枚入り

まずは、フリージングをフル活用することをお勧めします。日々1食分を作るのは、とっても手間暇がかかって大変なので、一度に大量に作って冷凍してストックしておくことをいいですよ^^

汁物やペースト状のもの、おかゆは製氷さらにいれて冷凍しておき、固まったところでまた製氷皿から取り出して、フリージングバックに入れて、保存しておくと好きな時に自由に取り出すことが出来ます。

 

2.ViV シリコンスチーマー ウノ パプリカレッド

離乳食に出てくる、ゆでるという工程はシリコンスチーマーに代えることが出来ます。シリコンスチーマーを使えば、野菜を入れて電子レンジでチンするだけで、簡単に温野菜を作ることが出来ます。

ゆでると栄養がお湯に流れ出てしまうので、シリコンスチーマーを使えば、栄養価も高いまま維持できておススメです^^

 

3.炊飯器でお粥を炊く

赤ちゃん用のお粥は、大人のごはんを炊飯器で炊くときに、一緒に作ることが出来ます。

作り方は簡単です!離乳食専用のカップや湯飲み茶わんなどの耐熱皿に、赤ちゃん用のお米とお水を入れて一緒に炊飯するだけ★

アルミホイルでくるんだニンジン・サツマイモ・ジャガイモなどの野菜を一緒に炊飯するのもお勧めですよ^^

 

4.キユーピーベビーフード 瓶詰 バラエティセット (6種×2個)

最近では、市販のベビーフードにも様々な種類のものが出てきています。粉末タイプのだし・キューブタイプの魚の裏ごし・スプーンまでついたお弁当セットなど。

成長に合わせて選ぶことが出来ます。そのまま使ってもいいですし、離乳食をアレンジして応用も可能です。

例えば、おかゆにベビーフードの野菜ペーストを足せば、いつもとは違った味で栄養価の高いお粥を楽しむことも出来ます♬いつもの蒸しパンに野菜の粉末を足せば、野菜蒸しパンもあっという間にできちゃいます♡

市販のベビーフードは塩分も味付けもすべて、赤ちゃんの月例別に合わせて作られているので、保管もしやすく便利なので思い切って使ってみるのもいいと思いますよ^^

 

5.大人のおかずをとりわける

大人のごはんを作りながら、赤ちゃん用の離乳食を作るのはとっても手間と時間がかかるものです。仕事と両立しているママさんも多いこの世の中。
ゆっくりご飯も作っている暇すらないかもしれません。

そんなときは、大人の食事をとり分けて、離乳食に使ってしまいましょう!例えば、カレーを作るのであれば、ルウを入れる前に野菜や肉をゆでた段階でスープと具材を取り分けます。そのあとは普段通り調味料を入れ、作りましょう。

  • 離乳食初期の場合・・・ゆでた野菜をマッシュして食べる。
  • 離乳食中期以降の場合・・・具材を小さく切って、赤ちゃん用のコンソメをいれて野菜スープに。

こういったアレンジ次第で、赤ちゃんもおいしく食べれる離乳食が出来ますよ^^参考までに♬

 

最後に

離乳食作りがメンドイ!!と、思っていても、食事は生きるために大切なこと。食事で愛情を伝えましょう♡

ママやパパの愛情がたくさん詰まった離乳食。赤ちゃんがおいしい!と感じてくれて、食べることが大好きになってくれたなら、こんなにも嬉しいことはないですよね♡

愛情のこもったご飯を作るのに、ママやパパがストレスをかかえていては、料理も美味しく出来上がりません・・・。少しの簡単な工夫で手軽に離乳食を作って、家族で素敵な時間を過ごしてみてくださいね。

今回も最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

あかまつりかでした^^

 

\こちらの記事も人気です/

離乳食を卒業します?幼児食って何?1・2歳の食事量とおすすめ献立♡

【離乳食】12カ月~1歳半頃の離乳食完了期の進め方とコツ!

【9~11カ月】離乳食を一日3回に、大人の食事時間に近づけていく時期!

【美味しい離乳食】レシピ付き♪8~9カ月頃の離乳食。


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com