お宮参りは誰と行くのが正解?写真だけはあり?なし?




我が家では、おやつの食べ残しを保存する時は、冷蔵庫を使います!

あかまつりかです^^

そうすると、乾燥・湿気防止でいつまでも、ぱりぱりのまま、お菓子が次の日も食べられちゃう!という裏技です。

皆さんも、今日お菓子が余ったら、是非ゴムで口を縛って、そのまま冷蔵庫へいれてみてください。

 

 

今日は、お宮参りについて記事を書いていこうとおもいます。

前記事で、質問が多かったので今回も【お宮参り】の記事を書いてみました。

[年子育児]お宮参りに行く時は、どんな所に気をつけるべき?お宮参りの基礎知識!

2016.09.06

【冬のお宮参り】寒さ対策は万全に!

2016.09.26

 

 

 

では、本題にはいります。

お宮参りにいついくか、悩んだことはありませんか?

夏の暑さ真っ盛りの時期も、産まれたての赤ちゃんを連れて行くのは、とても可哀想な気もします。

かといって、冬に産まれた赤ちゃんも、寒いこの真冬の時期に連れて行くか?!と、言われるとちょっと可哀想な気もするし、風邪なんてひかれたら、もうママだって大変です。

 

しかし、以前お宮参りに行く日にちも決まっている、地域もあったりして・・・

そんな風にお宮参りで悩んでいるママとパパの為に、お宮参りはいつ行けばいいのか、を中心に書いていこうと思います!

 

 

先にいっておきますね!!

 

今回の、内容を知らなかったら、旦那様のお母様の機嫌を悪くするかもしれません・・・💦

 

お母様と皆が一緒になって、仲良くお宮参りに行けますように。では、さっそく、見て行きましょう!

 

 

お宮参りはいつ行くか決まっているのか?

お宮参りは、基本的には赤ちゃんが産まれて1ヶ月の前後でいく事が多いようです。

正確には・・・

●男の子の場合は、生後31日目か32日目

●女の子の場合は、生後32日目か33日目

に行うことが多いです。

しかし、地域や家庭のしきたりや決まりなどで、違いもあるので、一概に「これ!」とは決めつけられません。

なので、絶対に「この日」というのは、ないんです。

中には京都のように少しでも早くお嫁に行けるように、男の子よりも女の子の方がお宮参りを先にすることもありますので、決めかねることは出来ないということです。

 

最近では、時期よりもママと赤ちゃんを優先する人も増えています。

また、1月生まれや2月生まれの赤ちゃんは、移動しやすい4月にずらしてお宮参りする家庭が多いようです。

因みに、年子ちゃんのカンクンは2月生まれなんですが、少し暖かさが戻る4月中頃にお参りしました^^

 

こういったように、ママと赤ちゃんの体調さえ良ければ、落ち着いて、カンクンもご機嫌さんでお参りすることが出来たので、私としてもズラして、とてもよかったと思います。

もちろん、しきたりや決まりもとっても大事ですので、お宮参りの日は、旦那のお母様に聞いてみて、そのうえでママと赤ちゃんの体を最優先させて、聞いてみて下さい。

次に決めないといけないのが、誰と行くかです。

 

実は、この時に知らないと旦那様のお母様を不愉快にさせてしまう可能性があるので・・・

 

キチンと知っておいてからお宮参りに行ってきてください^^

 

 

お宮参りの義母の役目について

お宮参りの主役はもちろん赤ちゃんですが、ある意味、赤ちゃんより重要な役目があるのが父方の母親です。

貴女から見ると完璧に敵でえる義母です(笑)

 

その役目は、

お宮参り中は、赤ちゃんを抱っこするってゆう事!

です。

赤ちゃんは、ママが抱っこするのではなく、お義母さんが抱っこするのが基本なんです。

 

なぜお義母さんがだっこするのか?

  • 昔は、お産でママが抱っこするのが大変だから、その代わりにお義母さんが抱っこするとされていた。
  • 母親の忌明け。
  • 産後の疲れでママの負担が減るように。

 

個人的には、皆でママを気遣っているようにも見えて大事にしてくれているんだなぁ。と想像できますが、私のように根性がねじ曲がっている人は、お義母さんでも抱っこはさせたくなかったですね(笑)

でも、それぞれ、しきたりがありますので、お嫁さんは「ハイハイ」と何でもお義母さんの言う通りにしておくと丸く事がすむような気がします(;´`)

 

ここから、写真撮影の話に入りたいとおもいますが、その前に家族の格好の話をしておきたいと思います。

基本的にはお宮参りには家族素敵な格好をしてこのような格好をしていく事をおすすめしています。

でも中には着物をレンタルしていく方も多いそうなので参考にしてみてください♬

 

※関連記事※

セレモニードレスでお宮参りに。男の子と女の子のおすすめ7選を紹介!

 

写真だけでもいいの?

お宮参りの記念に、写真館で写真を撮ってもらう方も多いと思います。しかし、写真撮影だけではいけません!

時間がかかってしまっても、

この子の成長をみて、見守っていてください。よろしくお願いいたします!

とお参りにいくので、写真だけで終わすのは、非常に勿体ないです。

それでは、お宮参りの意味がありません・・・;つД`)

なので、大変かと思いますが、お宮参りだけではなく、キチンとお参りして貰ってきてくださいね♬

\こちらの記事も人気です/

年子を妊娠するにはサプリメントが必要?!人気の葉酸について調べてみたよ!

赤ちゃんは女の子?男の子?年子ちゃんの産み分けに挑戦!

理由も分らずイライラ・不安定、おまけに大爆発!?PMSと上手に付き合う方法

 

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

あかまつりかでした。

 


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com