結婚・妊娠を望む前に。性感染症の検査をおすすめします。

 SDT(性病・性感染症)とは?

 

性により 感染する 病気

Sexually Transmitted Diseases

セックス

 

ちなみにSDTとは、Sexually Transmitted Diseases” の頭の頭文字ををとったものを言い性感染症により感染する病気のことをいいます。

症状を感じにくい場合もあるため、感染したことを気づかないでいると、知らない間に体がむしばまれていく病気です。

 

 

主にこんな病気が性感染症と呼ばれています。

◆クラミジア ◆淋菌 ◆クラミジア(のど) ◆淋菌(のど)
◆HIV(エイズ) ◆梅毒 ◆B型肝炎
◆マイコプラズマ ◆ウレアプラズマ
◆トリコモナス ◆カンジタ ◆一般細菌
◆C型肝炎 ◆ヒトパピローマウイルス

  など・・・。
→検査商品のご購入はこちらから


SDT(性感染症)は感染症の仲間です。

 

感染症は、細菌やウイルスなど、病原体が体内に侵入し増えることに引き起こる病気です。

感染症には主に4つ感染経路があります。

 

①空気感染

結核・はしかなど…

感染

病原体を含むほこりやチリを吸い込むことによって、体に侵入し感染します。


②飛沫感染

インフルエンザなど…

病原体である飛沫を、他人が吸い込むことによって感染します。


③接触感染

O-157など…

病原体に汚染されたものに触れることで、口や粘膜から病原体が侵入して、感染が起こります。

 

 

クラミジア/HIV(エイズ)など…

セックス

感染している人との性行為によって、感染します。

これがSTD(性感染症)です。

セックス・アナルセックス・オーラルセックスで感染します。病原菌を含む、精液や膣分泌液、血液などが、口や性器の粘膜、皮膚などに接触することで感染が起こります。

自宅でカンタン、匿名検査!
今好評の◆性病検査 STDチェッカー◆はこちら ↓↓↓
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2NR5KJ+90HCK2+EOC+ZSSLV


 

 

増加する性感染症(STD)感染者、早期発見・早期治療が大切です!

 

◆性行為によって感染する性感染症(STD)感染者が増加

STD(性感染症)の感染者は、ここ4~5年で急増し、国内感染者数は600万人、
毎年60万人が感染していると推定されています。
代表的な性感染症であるクラミジア感染症は、
20代前半女性の16人に1人、10代後半女性の21人に1人が
感染しているとの報告もあります。


◆特にクラミジア感染症は自覚症状が出にくい。

知らない間に感染し、知らない間に他人へ感染させてしまいます。
治療をしないで放置しておくと、不妊症の原因になる可能性や
出産時の母子感染の可能性もあります。


◆HIV(エイズ)感染も性感染症の一種です。

先進国でHIV感染者数が増えているのは日本だけ。
クラミジアなどの性感染症に感染していると、HIVに感染する危険度が
3~5倍高くなるといわれています。


◆今や性感染症は、特別な人たちがかかる病気ではない。

STD(性感染症)は、今や誰がかかっても不思議でない病気になっています。
心配な時は、まず検査を受けることが大切です。

気になる症状があればすぐに産婦人科へ行くことをお勧めします!


◆STD研究所の ◆性病検査 STDチェッカー◆ がいいと話題に。

ついためらいがちな性病検査
を、自宅で簡単に受けられる検査キットです。

自宅で採取した検査物(尿・分泌液・血液)をポストに投函し、
1~2週間後に結果がわかるシステムです。
匿名で受けることができ、結果はセキュリティサイト(パソコン・携帯)に
アクセスして確認するため、プライバシー対策も万全です!


◆検査項目が豊富で、様々なニーズに対応しています。

(検査は国の認可を受けた登録衛生検査所で実施されます。)

素敵なセックス生活を送ることは、とても大切です。

そのためには、STD(性感染症)を知り、

予防をして、検査を受けることがとても大切です!

あなたと、その愛する人の為に

是非素敵なセックスライフを♡

性病検査 STDチェッカー
は、こちらから。