妊娠中の注意・NG行為

妊娠中に食べてはいけないものって何?!まとめてみた!

妊娠中は食べるものに気をつけなければ…!と、分かってはいるものの、具体的に何がどうだめなのか、自分ではよくわからないことも多いですよね。

妊娠中に食べてはいけないものをキチンと把握して、マタニティライフに活用できればいいですね💗

今回は、妊娠中に食べてはいけないものをリストアップしてみました!

目次

●妊娠中に食べてはいけないものってなに?●ーリステリア食中毒の恐れがある食材

●ートキソプラズマに感染する恐れがある食材

●ー水銀を多く含む食材

●ー食中毒を引き起こす恐れのあるもの

●ービタミンAを多く含む動物性の食べ物

●食べてはいけない物を良く知り、食事を楽しみましょう

 

妊娠中に食べてはいけないものってなに?

妊娠中に食べていけない物は、 お母さんの体やお腹の赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるものです。 

下に紹介したものは、「絶対に食べてはいけない!」と言う物ではありませんが、数パーセントでも悪影響がでる可能性があるのなら避けておくべきだと私は思います。

妊娠は、約10カ月と長いようで短い期間ですが、自分と赤ちゃんのこれからの為に出来るだけ妊娠中は以下のものを我慢するようにしましょう。

 

妊娠中にたべていけない物ーリステリア食中毒の恐れがある食材

  • ナチュラルチーズや未殺菌乳などの加熱されずに製造された乳製品
  • 生ハムなどの食肉加工食品
  • スモークサーモンなどの魚介類加工品

 

リステリア食中毒とは、土壌や河川水、家畜など魚介類、昆虫などから見つかっているリステリア菌による感染症です。

リステリア菌は非常に強い菌で、免疫機能が低下している妊婦さんをはじめ、子供やお年寄りなどに特に感染しやすいとされています。

 

リステリア菌の感染予防としては、

  • 上記で記入した食材を避ける
  • 賞味期限が切れたものは食べない
  • 食品の保存は冷凍庫やチルド室で行う
  • 野菜や果物などの生の食材は綺麗に洗う
  • 食べる前に十分加熱する

などの対策が大切です。

 

妊娠中に食べていけない物ートキソプラズマに感染する恐れがある食材

  • レアチーズや生ハム、ユッケ、レバ刺しなどの加熱が十分でない肉類

 

トキソプラズマは、多くの哺乳類や鳥類、猫の糞、土のなかにいる寄生虫で、健康な大人が感染しても症状はほとんど出ないことが多いです。

ただし、妊婦さんが感染すると6~80%の確率で胎盤を通して胎児に感染し、そのうちの約10%に「先天性トキソプラズマ症」が現れます。

先天性トキソプラズマ症に感染すると、産まれてくる赤ちゃんに脳性麻痺や髄膜炎などの症状がみられるほか、流産や死産になるリスクも高まってきます。

 

妊娠中は上記の食品をさけ、

  • 肉を食べる時は十分に加熱する
  • 野菜や果物は良く洗う
  • ガーデニングで土や砂に触れる際は必ず手袋をする
  • 猫の糞尿の処理は避ける

など、トキソプラズマ感染症の予防を徹底しましょう。

 

妊娠中に食べてはいけないものー水銀を多く含む食材

  • 本マグロ、インドマグロ、メバチ、クロカジキ、メカジキ、マカジキといったマグロ類や加工食品
  • 金目鯛やムツなどの深海魚

 

上記の魚には「メチル水銀」という物質が含まれています。

妊婦さんがこのメタル水銀を大量に摂取すると、胎盤から赤ちゃんに伝わって発育に悪影響をもたらす危険があります。

妊娠中は、上記のような魚を主食とした食事を摂取する頻度を、週1~2回までとし意識しながら食事をとるようにしましょう。

 

妊娠中に食べてはいけないものー食中毒を引き起こす恐れのあるもの

  • 生卵
  • 加熱不十分な二枚貝・肉類
  • 低温殺菌が行われていない乳製品

 

食中毒は赤ちゃんに直接影響を及ぼすものではありませんが、 食中毒の症状の1つである、激しい下痢は子宮収縮を促し、流産や切迫流産に繋がる可能性 があります。

食中毒を予防するためには、上記の食材を極力さけて、食材の賞味期限を守りましょう。

調理中や食事の前にはこまめに手を洗い、料理にしようするタオルやフキンは出来るだけ清潔な物に交換することも大切です。

 

妊娠中に食べてはいけないものービタミンAを多く含む動物性の食べ物

  • レバー
  • うなぎ
  • あゆ
  • ホタルイカ

 

ビタミンAは赤ちゃんの上疲、器官、臓器の成長に関わる重要な栄養素とされています。

妊婦さんが摂取不足になると、赤ちゃんの成長障害や奇形を引き起こすことがあるとされています。

注意
日本人女性はビタミンAの過剰摂取に注意しましょう

 

1日のビタミン摂取量は、20代妊婦さんで650UgRAE、30~40代の妊婦さんで700UgRAEです。

食べすぎには注意し、楽しく食事をしましょう。

食べてはいけない物を良く知り、食事を楽しみましょう

赤ちゃんはママからの栄養をたくさんもらって、お腹の中ですくすくと成長していきます。

妊娠中は今回紹介した注意点を参考に、食材や栄養素の偏りがないようにバランスよく食べる事を心がけてください。

妊娠中に食べてはいけないものを知って、適量をしっかり守って楽しい妊娠生活を送れるといいですね♩

関連記事

  1. 妊娠中の注意・NG行為

    妊婦さんがお葬式に参列する時のマナーって?喪服や鏡の言い伝えについて。

    妊娠中にお葬式の連絡があった場合、皆さんならどうしますか?私の…

  1. 妊娠初期~1週から15週~

    【妊娠超初期】妊娠3週目の症状と着床後の体の変化について。
  2. 離乳食

    【美味しい離乳食】レシピ付き♪8~9カ月頃の離乳食。
  3. 出産祝い・内祝い

    出産祝いの金額相場を知ろう!時期やのしの書き方を覚えておこう
  4. マタニティーグッツ

    肉割れ、妊娠線予防に!人気おすすめ妊娠線クリームランキング
  5. 妊娠後期~28週から40週~

    【妊娠37週】ついに正期産に突入。我が子に会えるまであともう少し!!
PAGE TOP