妊娠20週目!お腹の大きさや体重増加について




りか
こんにちは、あかまつりか(@BwFmm6VntlckIm0)です。

妊娠20週目になると、妊娠期間もほぼ折り返し地点になります。妊婦生活を楽しむ余裕が出てきた人も多いかもしれません。ただ、余裕が出てくると気になるのが体重です…

妊娠20週頃は、体調が言い分食欲がまして体重が急激に増えてしまうことも(; ・`д・´)

引き続き体重管理には注意していきましょう。今回は、妊娠20週目の妊婦さんのお腹の大きさや赤ちゃんの状態・体重・お腹の張りなどを記事にしていきます^^

 

 

妊娠20週目のお腹の大きさは?体重の増加量は?

子宮は、子供の頭より少し大きいくらいになりました。個人差はありますが、子宮底長は15㎝を超えるほどです。

妊娠20週の胎児は、たくさんの栄養を必要としているためママの食欲も増し、つい食べ過ぎてしまうかもしれません。体重が増えやすい時期ではありますが、1週間あたり+0.3~0.5㎏に収まるように心がけましょう。

摂取カロリーは、妊娠前の+250キロカロリーほどが理想的です。

妊娠20週目を過ぎて、血圧が高いと「妊娠高血圧症候群」と診断されてしまいます。妊娠高血圧症候群は、お腹のなかの赤ちゃんにとっても、妊婦さんにとっても危険な病気で最悪の場合、死に至ることもあります。

脂肪分の多いものや味の濃いものを食べすぎないようにしましょう。

妊娠高血圧症候群って何?原因と症状・予防法を教えて!入院は必要なの?

2017.01.22

 

 

妊娠20週のエコー写真は?胎児の大きさはどのくらいなの?

胎児の大きさは25㎝を超えるほどになりました。器官は徐々に出来上がり、ここからは細部を作り上げていく時期です。手足が伸びて、鼻孔も開き、外見上は新生児とほとんど変わらないようになりました。エコー検査でも、目や鼻、唇がしっかり確認出来ることが多く、今まで以上に愛着が湧いてきますよ^^

赤ちゃんの体が大きくなるにつれて、子宮内はどんどん狭くなっています。自由に動き回ると手足が子宮壁にあたるので、今まで胎動を感じていなかった人も、妊娠20週前後には感じ始めるかもしれません。

また、この時期は外性器がエコーに移りやすくなり、性別が分かる人も増えてきます。

妊娠20週には歯科検診を受けておこう!

妊娠中は「エストロゲン(卵胞ホルモン)」や「プロゲステロン(黄体ホルモン)」などの女性ホルモンが増えることで、虫歯や歯周病の原因となる菌が繁殖しやすくなり、口腔トラブルがおきやすくなります。

虫歯にならないために、歯磨きをこまめに、しっかりと行うことが大切です。

しかし、これまでつわりが酷かった人は、歯磨きをするのも一苦労で、ケアがしっかりできていなかったかもしれません。体調が安定している妊娠中期の段階で、歯科検診を受けておくことをおすすめします。虫歯がないかどうか、ケアがしっかりできているかなどをチェックしてもらいましょう。

歯科検診で虫歯が見つかったら、出来るだけ早いうちに治療を行いましょう。妊娠後期は今よりさらにお腹が大きくなり、診察台に横になるのがつらくなります。子供が生まれたら、自分の時間が作りにくくなります。

医師と相談して、出来るだけ妊娠中期のうちに治療が終わるようなスケジュールを組めるといいですね^^

 

 

妊娠20週頃は夫婦で赤ちゃんの反応を楽しもう

妊娠20週目になると、胎動がはっきりと感じられる人が増えていきます。パパになる実感を持ってもらうために、旦那さんにも一緒に胎動を感じてみてもらってはいかがでしょうか?

夫婦、2人でお腹に手を当てて、赤ちゃんに語り掛けてみてください^^

家族団らんの素敵な時間は、妊娠中のいい思い出になりますよ。幸せの反面、これからの妊娠生活や産後のことを考えて、不安になることもあると思います。体が大きく変化している時期なので、心が不安定になるのも当たり前です。つらい気持ちになったときは、一人で悩まず、旦那さんや家族、友達に相談してくださいね。

言葉に出して誰かに聞いてもらうだけでも気持ちが落ち着きますよ。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

あかまつりかでした。

 

\こちらの記事も人気です/

年子を妊娠するにはサプリメントが必要?!人気の葉酸について調べてみたよ!

【妊娠30週】赤ちゃんとママの体の変化。「早産」になりやすい時期です!

40代から始める高齢妊娠。高齢出産のリスクと出産費用について。

人気商品をpickup!3輪・4輪ベビーカーのメリット・デメリットを書いてみたよ

 


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com