妊娠初期~1週から15週~

妊娠13週!お腹や赤ちゃんの大きさはどのくらい?流産の危険性もある?!

今回は、前回に引き継ぎ妊娠13週について記事を書いていこうと思います。

妊娠13週目になるとつわりがだいぶ収まってくるママさんも多くなってきます。

大きくなった赤ちゃんをよく見るために、妊娠検査の時に、経膣エコーから腹部エコーへと切り替わってくる産婦人科さんも多いようです。

今回は、妊娠13週目の妊婦さんや赤ちゃんの状態に、お腹の大きさについて説明していこうとおもいます。

 

■目次

●妊娠13週目の赤ちゃんの状態について
●妊娠13週目では妊娠線が出来始める?
●妊娠13週目以降も流産の危険性がある?

 

妊娠13週目の赤ちゃんの状態について

妊娠13週には、胎嚢が6~8㎝ほどに大きくなります。

大事な器官が作られる「器官形成期」が終って、頭に髪の毛が生え始めるなど、体の細部がどんどんつくられてきます。

 

もうこの時期で髪の毛まで作られちゃうなんて本当に赤ちゃんの力ってスゴイですよね!

腕や足も長くなって、見た目も赤ちゃんらしくなってきますよ。

 

外陰部の性器がはっきり現れるのですが、エコーではまだ性別はわからないでしょう。

一般的には 妊娠20週頃から性別の判断がつきやすくなる ので、もう少し楽しみに待っててくださいね。

 

妊娠13週目では妊娠線が出来始める?

妊娠13週目から気を付けたいのは、「妊娠線」です。

お腹が大きくなるスピードに対して、皮膚の伸びるスピードが追い付かなくなっていきます。

そのため、皮膚が断裂し「妊娠線」ができます。

簡単にいうと、お腹にヒビのような線が入ってしまうのです。

妊娠中のマイナートラブルの多くは、産後に元通りになるケースが多いのでですが、妊娠線は一度出来てしまうと消えることはないのです・・・。

そのため、妊娠中は十分に皮膚が伸びるよう、お腹のケアをしてあげて、市販のクリームを使ったり、ローションやオイルなどでお腹を優しくマッサージしてあげましょう。

お腹を潤すだけでも効果的で予防にもつながりますよ。

 

妊娠13週以降も流産の危険性がある?

流産は全妊娠の約15%の起こるといわれています。

そのうち妊娠の12週目までにおこる早期流産が13.3%、妊娠13~22週未満におこる後期流産が1.6%です。

妊娠12週目を過ぎ、流産の確立がグッと減ってしまっても、流産の確率が全くなくなったわけではないので、特に安定期に入るまでは安心できないことを肝に銘じておきましょう。

ピックアップ記事

  1. 保育園と幼稚園の違いは?学力と費用の違いを徹底的に調べてみたよ!
  2. 出産の入院準備はいつからすればいいの?必要な持ち物リスト一覧表
  3. たったこれだけ?交通事故で、過失0のもらい事故にあった時の保険金は?
  4. 【保護者・パパやママ必見】あなたの子供は大丈夫?保育士は子供のこんな所をチェック…
  5. 【年子育児】お宮参りに行く時の注意点と基礎知識!お宮参りは誰と行く?

関連記事

  1. 妊娠初期~1週から15週~

    妊娠5週目、注意したい症状とママの体について

    今日は、妊娠5週目について記事を書いて行こうと思います。…

  2. 妊娠初期~1週から15週~

    理由も分らずイライラ・不安定、おまけに大爆発!?PMSと上手に付き合う方法

    以前よりかは、一般的になっている?きた(知ってる人が増えた)‶PMS〟…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ブライダルチェック・妊活前に!お家で簡単に出来るSTDチェッ…
  2. 【保護者・パパやママ必見】あなたの子供は大丈夫?保育士は子供…
  3. 年子の育児漫画|産後うつとマタニティブルー
  4. 子供の身長を伸ばすなら!フィジカルBの効果的な飲み方と価格を…
  5. 年子の育児漫画|老化現象
  1. ▼年子の育児漫画

    年子の育児漫画ーどうぞのいす
  2. ▼妊活

    2人目の年の差はどのくらいがいいの?おすすめの年齢差は?
  3. 妊娠中の注意・NG行為

    妊婦さんがお葬式に参列する時のマナーって?喪服や鏡の言い伝えについて。
  4. 離乳食

    5~6ヶ月頃からの赤ちゃんの離乳食!基本的な考え方を知ろう
  5. おふろ

    アロベビーミルクローションが届いた!使ってみた感想と口コミの評価を調べてみた
PAGE TOP