妊娠11週目☆ママのお腹の大きさは?!出血は流産の危険性?




りか
こんにちは、あかまつりか(@BwFmm6VntlckIm0)です。

この間は、台風が来ていましたが皆さんの地域は被害なく大丈夫でしたか??

私の地域は雨と風が強かったくらいで、被害は少なく感じられました( ◠‿◠ ) 被害があった地域もそうでない地域も皆さん無事で過ごしていたらいいなぁ‥と、心から願っています。

 

さて、妊娠11週目は、妊娠3か月目の最後の週です^^妊娠検査で病院に行くにつれて、赤ちゃんの存在をだんだん強く感じられるようになってきているのではないでしょうか?

妊娠11週目になると子宮も大きくなり、お腹が少しづつ目立ってきます。今回は、妊娠11週目に妊婦さんの体の状態について記事を書いていこうと思います!

妊娠11週目の妊婦さんの状況とお腹の大きさについて

妊娠11週目の子宮はお腹の握りこぶしほどの大きさになっています。お腹をさわると少しポコンと、ふっくらしているような感じがしませんか??^^

ぴったりした服は、周囲の人から見ると妊婦さんと木が付かれるかもしれませんね。実際に私もこの時期はお腹が少しふっくらしてきた時期でもあるので、周囲から「妊婦さん?」とよく聞かれていました♩

体内では、赤ちゃんと母体をつなぐ胎盤が着実に作られていきます。完成はもう少し先の15週目ですよ。

 

 

11週目の赤ちゃんの大きさはどのくらい??

妊娠11週目の赤ちゃんは体が大きくなってきています。外見上からは2頭身~3頭身に近くなってきています。身長は大体約9cm程。体重は約20gくらいです。

目や口・鼻などの各パーツは徐々に出来上がりつつあります^^妊娠10週まではへその緒に収められていた腸も、赤ちゃんの下腹部に移動し始め、消化の訓練を始めます。これと同時に膵臓や胆嚢など、消化にかかわる臓器も作られてきています。

まだ、エコー写真では判断できかねませんが外陰部に男女の違いが出てきましたよ♡今から男の子か女の子か楽しみですね!

 

妊娠11週目に腹痛や出血があると早期流産の確立がある?!

妊娠初期の流産は、妊娠12週が大きな境目となります。流産が起こる確率は全妊娠の8~15%ほどで、妊娠週数別でみてみると、妊娠5~7週が22週~44%、妊娠8~12週が34~48%、妊娠13~16週が6~9%になります。

妊娠11週目を乗り越えれば、グッと流産の確立が下がるといえます。私も自分の不注意で妊娠初期に事故にあい、マンホールに落ちたことがありました(;´・ω・)

自分の不注意とはいえ、妊娠中はとても大事な時期です。早期流産の危険性を防ぐ心がけをして過ごしましょう!

 因みに早期流産は赤ちゃんの染色体異常や発育不全などが原因の場合もあるので、ママが気を付けても防げないこともあります。

しかし、「切迫流産」などの場合は流産を妨げることもあるので、腹痛や出血などがあればすぐにでも産婦人科に受診しましょう。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました(∩´∀`)∩♡

あかまつりかでした。

 

\こちらの記事も人気です/

年子を妊娠するにはサプリメントが必要?!人気の葉酸について調べてみたよ!

【妊娠30週】赤ちゃんとママの体の変化。「早産」になりやすい時期です!

40代から始める高齢妊娠。高齢出産のリスクと出産費用について。

人気商品をpickup!3輪・4輪ベビーカーのメリット・デメリットを書いてみたよ

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

年子育児真っ最中の主婦、あかまつりかです。 4歳・長女まぁちゃんと、5歳・長男かんくんとの、「年子育児の奮闘ブログ」を書いてます。 年子育児をしていて悩みを抱えた方や、これから年子を妊娠するママに是非ブログを読んで見てほしいです。 もちろん年子のお母さんじゃなくても、ブログに遊びに来てくれるのは大歓迎!! 趣味は、工作・絵を描くこと。 基本的に細かい作業をするのが好きです。