正しい薬の【塗り方】と【飲ませ方】を知っておこう!




赤ちゃんや小さい子供をお持ちのお母さんは、子供が急に熱を出したり、体調不良になったりと、急に病院に行くことも多いとおもいます。

そんなお母さんの為に薬を正しく塗ったり、飲ませたりすることが一番の治療につながります。適切な量や飲ませ方をしっておけば、ママも赤ちゃんもスムーズに進められますよ^^

 

 薬を処方するときに・・・ 

伝えること

現在服用中の薬を医師に伝える(「お薬手帳」を活用すると◎です^^)

症状が「いつから」「どの程度」「今はどうなのか」を医師に伝える。

聞くこと

処方される薬の種類・効能・使い方・保存方法・保存期間などを確認する。

薬の副作用やその対処法、再受診のタイミングを聞いておく。

 

飲み方

シロップの薬は服用直前に容器を振って中身を混ぜ、指定量を取り分けます。粉薬は、1回分をごく少量の水で溶かします。

 

=====シロップ薬の場合=====

 保管は? 

シロップ薬は成分が変質しやすく雑菌が増殖しやすいもの。冷蔵庫で保管し、治療が終わったり使用期限をすぎたら捨てるようにしましょう。

 飲ませた後は? 

湯冷ましを飲ませましょう。事前に医師に確認した上で、薬を先に飲ませてからおっぱい・ミルクをあげてもいいと思いますよ^^

 

スポイトを使う

3f6186de358bfdb72ffeb0f90dc08e6a_s

1回分の量をスポイトで吸い、赤ちゃんに少し上を向かせて、先端を口の中に入れ頬の内側に流し込みます。のどをめがけて入れるとむせてしまうので、要注意です;つД`)

 

哺乳瓶の二プルを使う

赤ちゃんに空の二プルをくわえさせてから、スプーンかスポンジでシロップ薬を流しいれます。二プルはミルクで使用するものとは使い分けるようにすると良いでしょう。

コップを使う

コップ飲みが出来るなら、カップや小さなコップに入れてママが支えながら少しづつ傾けて飲ませていきます。吐き出す事もあるので、様子を見ながらしましょう。

スプーンを使う

スプーンに慣れているなら、こぼさない程度の量をすくい、数回に分けて飲ませていきましょう。下の先は味を感じやすいので、頬の内側に流し込みます。

 

=====粉薬の場合=====

 保管は? 

高温多湿や直射日光の当たる場所を避けて、乾燥剤を入れた密閉容器に保管します。使用期間を過ぎたら処分するようにしましょう^^

 飲ませたあとは? 

薬を飲みこんだことを確認し、湯冷ましを飲ませます。医師に確認した上で、先に薬を飲ませてからおっぱい・ミルクをあげてもOKです★

離乳食混ぜる場合

食べ物に混ぜる場合は、一口で食べきれる量にします。混ぜると味が変わる場合があるので、医師か薬剤師に確認しましょう。

ごく少量に溶かす場合

粉薬を少量の水でよく溶かし、スプーンかスポイトで飲ませます。熱湯で溶かすのはNGですので注意して(+_+)!

服薬用ゼリーを使う場合

幅が広めのスプーンに服用ゼリーを出します。その上に薬を乗せて、さらにゼリーをかぶせて、薬をゼリーで包み込んで飲ませます。

このような服用ゼリーを使用すると、子供も嫌がらず飲んでくれますよ^^♡

 

塗り薬

用量や塗る回数は必ず医師か薬剤師に確認をしましょう。塗り薬を2種以上処方された場合は、塗る順番を確認しておきましょう。

 

 保管は? 

直射日光があたらない、温度の低い場所で保管するといいでしょう。薬のパッケージに記載されている使用期限は、未開封の場合を表します。

 塗る前は? 

ママは必ず石鹸でよく手洗いをします。そして、赤ちゃんの肌を清潔にしてから塗ります。お風呂上りが一番ベストですが、お湯でしぼったタオルで拭く程度でもOKです^^ママの指先に適量を取り出してから塗るようにしましょう。

 

photo-93ママの指先に少量づつ取り、薄く顔に塗るのが基本です。嫌がったりしますが、そこは子供の為に優しく塗ってあげましょう(;´・ω・)目の周りは避けて、目に入らないように気をつけて!

 

 

頭部

d1aea0e7c481453355803c0535ae0155_s

髪の毛をかき分けて地肌を出し、指先で薬を塗っていきます。髪の分け目に沿って指で地肌になじませましょう。

 

51be39008419afd4831cd895432d8852_s

赤ちゃんを仰向けにして寝かせてあげて、あごを軽くもちあげ、しわを指で広げながら塗っていきます。手足のくびれも同様にしていきましょう。

 

股はしわの多い部分です。指でしわを広げるようにして、丁寧に塗っていきましょう。男の子は性器の裏側にも塗ることがあります。

 

 塗る量は? 

医師から指示があった場合を除き、大人の両手の手のひら分の面積の肌に対して、軟膏・クリームなら大人の人さじ指の第一関節くらいまでの長さが塗る量の目安になります。塗った後がテカテカ光っている、テッシュをくっつけて逆さにしても落ちないなども適量の目安です。

photo-94

だいたいこのくらいを目安にするといいと思います!^^

 

 

 

 よく処方される薬は? 
●ステロイド外用薬

キンダーベート軟膏

ロコイド軟膏

リンデロン・V軟膏 など

●非ステロイド外用薬

アズノール軟膏

亜鉛華軟膏

スタデルム軟膏 など

●抗菌外用薬

フシジンレオ軟膏

アクアチム軟膏

テラマイシン軟膏 など

 

薬の塗り方・飲み方はかかりつけの医師の指示に従い、両量を守って服用しましょう^^

我が家の年子ちゃん達は、お薬が大っ嫌いですが、砂糖などを入れて(薬剤師に確認済み)甘くしてから飲むと、すんなり飲んでくれます。

もともと、体が弱い子供たちだから、薬には慣れてしまったのかも?!苦笑

 

にほんブログ村 子育てブログ 年子へ
にほんブログ村

育児・年子 ブログランキングへ
 

\こんな記事も人気です/

原因はストレス?難聴の特徴を知ろう!!

年子ちゃん達とレッツダンシング!歌って踊ってママもダイエット♡

寒~い冬のお宮参り!ママの服装をチェック!スーツ?着物?さあどれでしょうか?

 

 

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あかまつりかでした^^

 

 

 

 

 


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com