妊婦の風疹の感染は危険がいっぱい?妊娠中に抗体がない場合の予防法とは?




 「風疹」は子供の時に感染しているか、予防接種を受けていけば、大人になってから感染することはない病気です。 

でも、中には予防接種を受けていなくて、大人になってから感染する人もいます。もし、妊娠中に感染すれば、胎児に障害をもたらす危険性があります。妊娠中の風疹感染は何が危険なのか?妊娠中に抗体がないことがわかったら、どうすればいいか?など、『風疹』について紹介していきたいと思います。

 

風疹とは?どんな病気なのか?

風疹とは、風疹ウイルス(RNSウイルス)に感染することで発症する急性の発疹性の感染症です。春から夏にかけて多く見られ、咳やくしゃみなどの飛沫感染で人から人へと感染していきます。

感染すると2~3週間の潜伏期間をもって、首や顔に赤く小さな発疹が現れます。やがて、全身に広がって、発熱やリンパ節の腫れにも繋がっていきます。風疹は、だいたい3日くらいで症状は落ち着きます。

一度感染すると、風疹はウイルスに対する抗体が出来上がっていくので、ほとんどの人はその後、また感染することは生涯ないのです。

妊婦の風疹はなぜ危険なのか?赤ちゃんにどんな影響があるのか??

妊娠中に風疹に感染した場合、ママ自身にはそれほど悪影響はなく、発熱・発疹が現れる程度です。(※症状があったくと言っていいほどでない方も中にはいます。)

しかし、風疹ウイルスは胎盤を通してお腹の赤ちゃんに感染するのです。そのことを『先天性風疹症候群』と言います。

 

先天性風疹症候群の症状とは主に・・・

  • 先天性心疾患
  • 視覚障害(白内障・緑内障・網膜症など…)
  • 聴覚障害(難聴)
  • 精神や身体の発達の遅れ

などが見られます。

 

妊娠12週未満で感染すると、赤ちゃんの大事な器官形成期にあたるので、障害を残す可能性・危険性が高まります。

この時期にママが風疹に感染すると、そのうちの80~90%が胎児に感染し、そのうちの90%は先天性風疹症候群を発症します。

妊娠18週をすぎると、胎児に感染するのは、約40%に減少し、先天性風疹症候群を起こす危険性もほぼ0%にまで低下します。

これは、風疹に感染した親子の映像です。先日TBS系でニュースになっていたのでご紹介します。

 

「後悔したから知ってほしい」妊娠中に風疹にかかった母親の思い(TBS系ニュースで紹介されました)


【引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170203-00000083-jnn-soci 

これは、生まれつき耳が聞こえない女の子を産んだ母親のドキュメンタリーです。

テレビに映っている、この女の子は生まれつき両耳が聞こえません。

お母さんが妊娠中に【風疹】に感染し、先天性風疹症候群のウイルスが胎児に感染してしまい、両耳の聴覚を失いました。

このお母さんは、テレビの中でこう話しています。

「自分が(予防接種を)受けていたらこうはなっていなかった。自分が後悔したからこそ【風疹】の怖さを知ってほしい」と。

注射1本で防げる風疹。あなたがもし、このお母さんの立場なら・・・

どうしますか?

風疹は妊娠中に感染すると胎児に障害が残るか亡くなることさえあります。この【風疹】、妊婦さん、ママだけが予防接種するだけでは感染は防ぐことはできません。旦那さんにも協力して貰わなくていけません。

妊娠したら、ママだけでなく、パパにも風疹の予防接種を受けさせましょう。皆で予防してお腹の赤ちゃんを守りましょう。 2月4日は風疹の日です。 可愛い我が子が風疹に感染しないようにするために、必ず予防接種を!

 

大人でも風疹の抗体がない可能性は?少ないこともあるのか?

現在、風疹の予防接種は義務づけられているので、自分も子供の時に受けたはず!と思う人もいるかもしれませんが、ひとつ注意があります。

一般的には学校で風疹の予防接種を受けるのですが、1979年4月2日~1987年10月1日の間に生まれた人は学校で集団接種ではなく、個別に風疹の予防接種を受けることになっていました。

その結果、男女ともに風疹の予防接種率は軽減しています。そのため、この時期に生まれた人は予防接種を受けたか・風疹に感染したことがあるかどうかを親に確認してください。

子供の時に予防接種を受けていたとしても、体内に抗体が十分に作られていない・又は年月が経って抗体が減少していたりする場合もあります。

風疹は1度かかれば、2度と感染しないとは言われていますが、抗体の減少で再感染をする可能性があるので、妊娠を希望する人は、風疹の抗体検査を受けて、抗体がない・少ないようなら予防接種を受けることをおすすめします。

妊婦が風疹に感染したら。治療法は??

風疹に妊娠中に感染したらどうすればいいのでしょうか?実は妊娠中に風疹には有効な治療法がありません。

ママ自身の発熱や発疹は対症療法が出来ますが、胎児の先天性風疹症候群に対しては、妊娠中に治療が出来ません。生まれた後で白内障や心臓の奇形の手術をしたり、難聴に対してはリハビリを行います。

発症すると、対処が難しい病気なので、赤ちゃんにもっとも悪影響を与える妊娠12週未満での感染を防ぐことが一番の対処法です!!

 

妊娠中に対抗がない!と分ったら、風疹の予防を!

妊娠が分かると病院では、風疹の抗体検査をして、風疹にかかる危険性がないかどうかを判断します。その時に抗体がないことがわかってても風疹ウイルスに感染しないようにすることが大切です。

特に妊娠18週までは以下を心がけて過ごしましょう!

 

人ごみをさけて、帰宅時は手洗い・うがいをする

風疹は飛沫感染によって広がっていきます。妊娠中は感染する可能性が高い人ごみは避けるようにしましょう。もし、人ごみに行く用事がある場合は、マスクを着用していくことをおすすめします。

帰宅後の手洗い・うがいは基本中の基本ですので、感染しないためにも予防はしっかりと行うようにしましょう。

 

家族に風疹の予防接種を受けてもらう

旦那さんや同意の家族に抗体がなかったら、すぐに予防接種を受けてもらってください。家族が感染してウイルスを持ち帰ってくると、妊婦さんに感染する確率は飛沫感染に高まります。

家族全員に風疹の抗体検査をしてもらい、必要に応じて予防接種を受けて貰うと安心です^^

 

最後に

もしも妊婦が風疹に感染してしまったら・・・。医師の判断を仰ぎましょう!

妊娠中に風疹の症状が出て、感染した可能性があると感じたときは、まず他の妊婦さんの感染拡大を避けるためにも、直接病院には行かず、電話でかかりつけの産婦人科へ行きましょう。

そして、風疹の可能性があると診断されたときは、妊娠週数によっては赤ちゃんに感染しているかどうかを羊水検査で判断することも可能です。

妊娠中に風疹の抗体が少ない・ないことがわかっても、しっかりと感染対策をしていれば、リスクを減らせます。悲観的にならず、医師のアドバイスをうけながら適切に対応しましょう!

可愛い我が子が、風疹に感染しないためにも、予防接種はきちんと受けた方がママは安心すると思います。一生を公開しないよう、家族にも協力して貰いましょう。

 

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

 

\こちらの記事も人気です/

【年子兄弟奮闘記】予防接種「日本脳炎」を受けてきました!!

予防接種のスケジュールをたててみよう!

予防接種を受ける、とっても大切な理由

マイコプラズマ・ウレアプラズマに妊婦が感染したらどうなるの?

結婚・妊娠を望む前に。性感染症の検査をおすすめします。

 

あかまつりかでした^^


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com