早産・流産

中絶手術の時期はいつまでなの?期間と後遺症について

様々な事情で妊娠を継続するのが難しくなることもあります。

中絶手術を受けるかどうか、じっくり考えて決断したいと思っていても、中絶手術を受けられる時期は決まっているため、期限を過ぎてしまうと中絶手術を出来なくなってしまいます。

今回は、中絶手術について、手術を受けられる時期はいつまでなのか、後遺症などのリスクはあるのかなどを説明していきたいと思います。

 

目次
●中絶手術とは?人工妊娠中絶のこと?
●中絶手術が出来る時期と期間はいつまでなの?
●中絶手術を受けられる病院は?
●中絶手術は痛みを感じるのか?出血などはあるの?
●中絶手術の前に、望まない妊娠を防ぐには・・・

中絶手術とは?人工妊娠中絶のこと?

妊娠中絶手術とは、正式には「人工妊娠中絶」と呼び、 やむを得ない事情で妊娠を継続できなくなってしまった場合に、医療機関で妊娠を中断する方法 です。

命にかかわる問題でもあるので、母体保護法という法律によって条件や時期や時間などが、決められていて、誰でも自由に中絶出来るわけではないのです。

 

母体保護法では、

  • 母体の健康上
  • 経済上の理由で妊娠継続が困難な場合か
  • 性的暴行
  • 脅迫の被害

による妊娠の場合に、中絶手術を受けられると定めています。

 

また、中絶手術を行うためには、相手の同意書が必要になります。

 

中絶手術が出来る時期と期間はいつまでなの?

母体保護法によると、中絶手術が出来る期間は「妊娠22週未満(妊娠21週6日)まで」と決められています。

この期間を過ぎてからの中絶手術は、理論的な問題と母体のリスクを考慮して、いかなる理由でも認められていません。

 

一般的に妊娠週数が進むほど母体への負担が大きくなるため、手術を受ける時期については、出来るだけ早い段階で検討することが大切です。

妊娠12週未満までは、「初期中絶」、妊娠12週以降~22週未満までは「中期中絶」と呼ばれます。

 

妊娠12週目、つまり妊娠4か月に入る頃には、お腹の赤ちゃんがある程度成長しています。

そのため、中期中絶の場合は、人工的に陣痛を起こして流産させる必要はあり、母体に大きな負担がかかります。

また、死産届を役所に提出しなければなりません。

 

中絶手術を受けられる病院は?

産婦人科ならどこでも中絶手術を受けられる、という訳ではありません。

 母体保護法では、「人工妊娠中絶手術は、指定医のみが行える」と定められています。 

 

指定医は、医師の人格や技術、病院の設備などを考慮した上で、都道府県の医師会で指定されています。

必ず、母体保護法指定医がいる病院で手術はを受けてください。

また、初期中絶は受けられても、中期中絶は受けられないという病院もあるので、注意が必要です。

 

中絶手術は痛みを感じるのか?出血などはあるの?

中絶手術による痛みや出血の程度は、時期によって次のように異なります。

初期中絶(妊娠12週未満)の場合

初期中絶では、

  • 膣から器具を入れて子宮の中身を掻きだす「掻把法(そうはほう)」
  • 器械で吸い出す「吸引法」

を行います。

 

多くの場合は、麻酔をかけた状態で手術をするため、術中に痛みを感じる事はほとんどありません。

ただし、麻酔が切れた後は、一時的に子宮収縮の痛みが現れる事があります。

 

手術にかかる時間は10~15分程度で、特に体調に問題がなければ当日か翌日には帰宅できます。

ただし、手術によって傷がつくこともあるので、気になる出血や痛みがあれば、医師に相談しましょう。

 

中期中絶(妊娠12週以降~22週未満)の場合

中期中絶手術では、子宮口を開く処置を行ってから、子宮収縮剤によって人工的に陣痛を引き起こし、通常の出産と同じように胎児を生み出す方法が取られます。

通常は、開かない子宮口を強制的に開いたり、子宮を収縮されたりするため、ある程度の痛みや出血を伴います。

 

日帰りで行える初期中絶手術とは異なり、中期中絶手術の場合は数日間の入院が必要になります。

中絶についてアプリで詳しく見る

 

中絶手術の前に、望まない妊娠を防ぐには・・・

女性は経口避妊薬などを使うことで、望まない妊娠をある程度減らすことが出来ます。

たとえ避妊がうまくいかなかったとしても、アフターピル(緊急避妊薬)によって妊娠を回避できる可能性があるのです。

 

 アフターピルは性交渉のあと、72時間以内(3日以内)に服用すれば、ほぼ100%に近い避妊効果が期待できます。 

アフターピルを服用しても妊娠の確率がゼロになるわけではありませんが、妊娠を望まないにも関わらず、避妊出来なかった場合には、早めに婦人科で相談しましょう。

中絶についてアプリで詳しく見る

ピックアップ記事

  1. 実はいいこと盛りだくさん!年子育児のメリットとデメリットについて
  2. アロベビー (ALOBABY) UV&アウトドアミストを持って年子とキ…
  3. 年子のママも愛用中!人気おすすめマザーズバック!使いやすいのはどんなママバック?…
  4. 使い心地・月齢別、おすすめスキンケア!洗争料部門
  5. 1歳の誕生日ケーキは手作り?それとも普通のケーキを食べれるの??

関連記事

  1. 早産・流産

    水子供養とはどんな事をするの?流産後のお参り方法と服装、費用相場について

    今日は、「水子供養」について記事を書いてみました。…

  2. 望まない妊娠

    望まない妊娠で、命を失う子供たち。

    妊娠、それはこの世に生を受け、産まれてくること。子供が出来たら…

  3. 望まない妊娠

    年子は恥ずかしいこと?批判的な言葉に悩むママさんへ

    目次●年子は恥ずかしい?妊娠を甘く見過ぎじゃないですか…

  4. 早産・流産

    妊娠初期の中絶費用と堕落の方法、痛みやリスクについて

    やむを得ない理由で中絶を検討している人は、中絶手術が同夕…

  5. 早産・流産

    人口妊娠中絶、望まない妊娠をした人。

    人口妊娠中絶って、皆さんご存知ですか?人口妊娠中絶とは、妊娠し…

  6. 望まない妊娠

    オレンジリボン運動を知っていますか?虐待を防ぐ為に私が出来ること。

    オレンジリボン運動という市民運動を知っていますか?虐待防止の為にNPO…

おすすめ記事

最近の記事

  1. ママコスメ(mamacosme)クレンジングバームを体験レビ…
  2. 年子の育児漫画ーため息
  3. ティーライフの「ルイボスティー」と「プレミアムオーガニックル…
  4. アロベビー (ALOBABY) UV&アウトドアミ…
  5. 妊娠中・産後の使ってよかった食材宅配サービス比較!赤ちゃん用…
  1. 七五三

    七五三に行ってきたよ!当日の流れと年子ちゃんの反応を観察してみたよ!
  2. 葉酸サプリメント

    Lara Republic(ララリパブリック)は妊娠初期におすすめしたい!年子マ…
  3. 年子/2人目/3人目妊娠

    「男の子がいい!」そんな妊活ママの為の産み分け講座【男の子編】
  4. 望まない妊娠

    オレンジリボン運動を知っていますか?虐待を防ぐ為に私が出来ること。
  5. 妊娠中/マタニティグッズ

    マタニティーグッズを買うなら通販ショップがおすすめ!いちおし店舗10選
PAGE TOP