感染症

夏の三大感染症!!プール熱・手足口病・ヘルパンギーナとは?

夏に流行する小児感染症。

今日は夏の三大感染症について、記事を書いていきたいと思います。

 

 

夏の三大感染症

夏にかかりやすい病気として、有名なのは手足口病・ヘルパンギーナ・プール熱の三つがあげられます。とくに小児が感染しやすいとして、保育園でも感染予防として注意を促しています。

時に夏のこの時期は、プールや海、帰省して実家に帰るなど、人ごみの多い中を移動する時期でもあります。

楽しみが増える分、様々な病気が蔓延する時期です。楽しく夏を乗り切るためにも、一人一人が気をつけ楽しく夏を乗り切りましょう。

 

 

ヘルパンギーナ

①感染と感染経路

咳やくしゃみなどのよる飛沫感染や、患者の手についたウイルスが飲食物等を介して経口感染します。回復後も、2~4週間の長期に渡り、便の中にウイルスが排出されることもあるので、トイレやオムツ交換の後は、手洗いを徹底して行いましょう。

②症状

感染して2~4日程してから、突然の発熱(38~40℃)と喉の痛みを伴います。口の中に水疱(水ぶくれのような発疹)が出来る。水疱は破れて痛みを伴います。発熱時に熱性けいれんを起こすこともある。

③治療・薬

ヘルパンギーナの原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスです。現時点では特効薬はありませんので、その症状を和らげるために、解熱剤を使って一時的に熱を下げる薬を出されることが多いようです。

高熱が出て喉の痛みが伴うので、食事は食べられるものを食べるようにすると良いでしょう。特に夏は脱水になりやすい時期です。脱水にはくれぐれも注意して、こまめに水分をとすようにしましょう。

[speech_bubble type=”pink” subtype=”L1″ icon=”080709.png” name=”りか”]アイスクリームなどはカロリーもあり、食欲がないときにおススメです。[/speech_bubble]

 

 

手足口病

①感染と感染経路

咳やくしゃみによって飛び散ったウイルスを吸い込むことによる飛沫感染、便から排出されたウイルスが手を介して口に入る経口感染でうつります。多くみられるのは主に5歳以下の乳幼児で、保育園や幼稚園など集団行動する場にて流行することが多いようです。

②症状

口の中と手足、体全体に発疹や水疱が出来ます。口の中の水疱はつぶれて潰瘍になり、しみて痛みます。食欲が落ち、機嫌が悪くなります。発疹は1週間程度で茶色くなって次第に消えていきます。あとが残る場合はありません。

発熱は38~39後℃の熱が出て、2~3日続きます。しかし、熱も出ない子供もいるので、その年に流行するウイルスにもよります。

③治療・薬

発熱や発疹の症状に気が付いたら、小児科を受診しましょう。手足口病のウイルスに直接きく薬はありませんが、他の病気ではないことを確認してもらう意味でも、受診をしておくと安心です。

喉の発疹と咽頭痛、発熱の初期症状はヘルパンギーナと似ていて見分けがつかないので、子供の調子がいつもと違うなあ・・・と感じたら、すぐ病院へ行きましょう。
[speech_bubble type=”pink” subtype=”L1″ icon=”080709.png” name=”りか”]熱いもの、酸味や塩味のある物はさけ、ヨーグルトやゼリーなど、やわらかくて飲み込みやすく、口当たりの良い物を食べるのがおススメです。[/speech_bubble]

 

 

プール熱(咽頭結膜炎)

①感染と感染経路

正式な名称は「咽頭結膜炎」ですが、プールの水を介して感染することがあるため、「プール熱」とも呼ばれています。実際にプールに入らなくても、咳やくしゃみなどから感染することも少なくありません。

毎年6月ごろから増加し始め、7~8月にピークを迎えます。幼児や小学生がかかりやすい病気ですが、非常に感染力が強いため、上の子供が感染したら、下にお子さんにも感染することがありあるので注意しましょう。

②症状

5~7日の潜伏期間後、38~40℃の高熱が出る。発熱と同時にのどが痛み出し、咳が出たり、扁桃炎になることがあります。

まぶたの裏側と白目の表面を覆っている結膜が炎症を起こし、目やにが出る。涙が出やすくなり、目がショボショボしたりする、といった症状が出てくる。

その他に頭痛・全体の倦怠感などが見られます。子供は食欲が落ちて不機嫌になる。

③治療・薬

咽頭結膜炎の症状に気が付いたら小児科へ。病気そのものに効く薬はないので、熱が高い時は解熱剤、目の炎症には目薬など、症状に合わせた薬が処方されます。

ケアをしながら、体力の改善を待っていれば発熱は数日で下がり、他の症状も1週間程で治まります。
[speech_bubble type=”pink” subtype=”L1″ icon=”080709.png” name=”りか”]ヨーグルトやゼリーなど口当たりが良く飲み込みやすいものを食べさせると良いですよ![/speech_bubble]

 

大人の場合は、どの病気も子供より高い熱が続き、喉の痛みも強いものが多いです。

特に喉の水疱は飲食がしづらいくらい痛くなりやすいので、気をつけないと脱水症状になってしまうこともあります。

注意しましょう。

\こちらの記事も人気です/

年子の計算も楽々便利に^^無料アプリ、子作りチェッカー!

[年子育児]ベビーカーの種類は何種類?パパでも分かるベビーカーの選び方♪

抱っこ紐なら、エルゴベビーが欲しい!口コミで人気の理由♬

年子の育児に疲れたならバウンザーを利用すべし!メリットと選び方のポイントをまとめてみたよ

二人目の育児はこれが欲しい!兄弟育児を助ける便利グッツ

[年子育児]お宮参りに行く時は、どんな所に気をつけるべき?お宮参りの基礎知識!

 

関連記事

  1. 感染症

    鼻水・鼻ずまり、風邪の季節に!鼻吸い器の時期がやってきましたよ

    ママ達が絶賛する赤ちゃんの鼻詰まり・鼻水対策に!つらくなりがち…

  2. 感染症

    年子育児、夏の風邪にはご用心!治すには?

    こんにちわ、まつりかです(^ω^)育児楽しんでますか?…

  3. 感染症

    溶連菌に感染した?!溶連菌感染症の原因と症状について

    溶連菌感染症は年子ちゃんたちも、保育園で何回か感染…

  4. 感染症

    年子と母のトリプル胃腸炎。「今日もお腹が緩いです」

    先日から年子ちゃんが胃腸炎になりまして、その胃腸炎が…

  1. ▼年子の育児

    保育園に夏休み・冬休みはある?期間はどのくらい?お休み中の対策について。
  2. 育児グッツ・アイテム

    年子の計算も楽々便利に!無料アプリ、子作りチェッカー
  3. おふろ

    【年子の育児】お風呂で遊ぼう!年子を長くお風呂に入れる裏技
  4. 年子・2人目妊娠

    赤ちゃんは女の子?男の子?年子ちゃんの産み分けに挑戦!
  5. 妊娠後期~28週から40週~

    妊娠35週目、ママの体と胎児の体重について。早産で出産するリスクは?
PAGE TOP