妊娠39週目!胎児の成長と出産兆候について。調べてみたよ!




妊娠39週に入ると、出産予定日のことで頭がいっぱいになっているのではないでしょうか?落ち着かずに毎日そわそわ・うずうずして落ち着かない日々を過ごしていると思います。

そんな妊婦生活ももう、39週目に突入しました!赤ちゃんが産まれる前に、必要な成長を全て終えて、あとは、タイミングを見計らって出産するのみです(^0^)

ママと同じようにお腹の赤ちゃんも、ママとパパに合えるのを心待ちにしているはず♡

今回は妊娠39週目の妊婦さんと赤ちゃんのようすなどを、出産兆候や陣痛の現れる時期などについて説明していきます★

妊娠39週目のお腹の大きさはどのくらい?


妊娠39週目のお腹の大きさは、子宮底長で33㎝程。妊娠中でもっともお腹が大きい時期だと言われています。恥骨痛や尿漏れなど、マイナートラブルも出始めちょっと嫌になってきている所ではないでしょうか?

私も上の子をちょうど、39週0日で産んだので、このマイナートラブル、めっちゃよく分かります。こんな事なりたくないのに、少しお腹に力を入れただけで、尿漏れが起きる、なんてことざらにありました;つД`)

早く生れないかな~。と、その時は、めっちゃ散歩に行っていた記憶があります。(笑)

主治医の先生にも、「この時期は動かないよりドンドン動いていいからね~」と言われていたので、家にこもりきりにならずに、暇さえあれば散歩にでかけていました。

ウォーキングやスクワットのような軽めの運動も取り得れると、ダイエットにも繋がるし、おススメです◎

 

 

妊娠39週目に現れる出産の兆候とは?

妊娠39週目になると、ちょっとした体の変化にも「出産兆候かも?」と気になると思います。お腹が下がってくる・胎動が弱くなる・おりものが増える・など、出産が近づいてくると起こる変化は様ざまです。

ですが、何かしら症状が現れている人がほとんどだと思います。

この時期の出産兆候としては、「おしるし」「本陣痛」「破水」の3つがあって、この症状が現れれば、出産が始まる合図だと考えてください。

例えば、おしるしがあれば、その3日以内で出産が始まる傾向が高く、陣痛や破水が起きたら、その日の内に出産が始まると考えてもいいでしょう。

私は、年子ちゃん2人共陣痛からの出産でした(;´`)比較的に安産な方でしたが、あの痛みはもう味わいたくない痛みです・・・。

 

 

妊娠39週目に子宮口が開いてなくても大丈夫なのか?

出産するには、子宮口が柔らかくなって、開く必要があります。子宮口が3㎝ほど、開くと陣痛が始まるので、妊娠39週目頃にはすでに3㎝開いている人も中にはいます。

しかし、この時点ではまだ子宮口が開いていない人も多く、初産の方は特に出産を超過することも珍しくありません。

時期がくれば子宮口は開き、出産につながるので、焦らず今はひたすら無理ない運動を心がけるといいでしょう^^

妊娠39週の赤ちゃんの体重は?


妊娠39週目の胎児の大きさは、480~500㎜、体重は3000ℊまで成長しています。体を覆っていた胎児がとれて、いつでも外へ出て行ける状態になっています。

この時期の胎児は女性ホルモンの「エストロゲン」の影響を受けて、性別関係なく、ふっくらした姿をしています。体脂肪率は15%と赤ちゃんらしい体つきになっています。

 

妊娠39週目の胎動の変化と気を付けておきたいこと。

とても悲しい話ですが、臨月までお腹で赤ちゃんを育て、やっと会える!と思ったら、臨月中に死産する、というケースがあります。その確率は、数千人に1人という少ない割合ではありますが、誰にもおこり得ることだと、再確認して出産に挑んでください。

妊娠・出産は、必ず、安全なものとは限りません。いつどこで、そうなってしまうか分からないから、妊娠・出産は神秘的なものであり、赤ちゃんに会えるまで安心できないのです。

そこで、一番重要なのが胎動の変化です。

日々の胎動の変化にはママが人一倍敏感になって、迅速な対応が出来るよう心得ておくことが大切です。

もし、「胎動が急に早くなった」とか「胎動がなくなった?」と感じたら、すぐ病院にいって検査してくることをお勧めします。

胎動は赤ちゃんからの大切なメッセージです。何か異変を感じたら速やかに産婦人科へ相談してみてくださいね!

 

妊娠39週目には、出産の流れを再確認して呼吸法を取り入れよう!


初産の場合は、出産は10時間以上かかる長丁場です。気持ちの面で、乗り越えていけるように、その流れをキチンと把握しておきましょう!

出産は、分娩第1期~3気の大きく分けて3つの流れに分けられます。子宮の開き具合、陣痛の感覚や時間によって区別されます。陣痛の感覚が10~15分の感覚で規則的にくるようになったら、病院に連絡して指示をうけます。

そして、陣痛の痛みに耐えて、上手く痛みを逃しながら、子宮口が全開になるまで待ちます。

この時間がとても長く感じるので、痛みを和らげるためのいきみ逃しの方法や呼吸法をしっかりと覚えておいて、陣痛がはじまったら「ヒッ、ヒッ、フーー」で、呼吸を整えて痛みを和らげましょう(ノД`)

陣痛は痛いけど、みな乗り越えています。これを乗り越えたら赤ちゃんに会えますよ!頑張って!!

最後に


新しい命と対面する日を目の前にして、落ち着かない日が続いていると思います。また、体が重く、寝付けない・・・なんてこともあるでしょう。

でも、それもあと少しですよ!

赤ちゃんと会えた時、どんな言葉をかけようか、想像しながら、会える日まで楽しみにまっていてくださいね^^

きっと、会えた日には、こんな風に悩んでいたことなんて吹っ飛ぶくらい、赤ちゃんに夢中になってしまいますよ♡

 

\こちらの記事も人気です/

【妊娠38週】出産間近!ママと胎児の様子を見てみよう!

【妊娠37週】ついに正期産に突入。我が子に会えるまであともう少し!!

年子を妊娠するにはサプリメントが必要?!人気の葉酸について調べてみたよ!

年子を計画中のあなたへ。計画的に妊娠出来るおすすめサプリ5選!不妊カップルにも人気のランキング★

【私が年子を妊娠しようと思った理由】メリットとデメリット

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

あかまつりかでした★

 

 


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com