え?!赤ちゃんに生命保険や医療保険は必要なの?保険に加入するならいつがいい?




こんにちは。あかまつりか(@BwFmm6VntlckIm0)です^^♡

妊娠・出産を経験して、赤ちゃんが産まれると最初にパパと話し合う事、それは学資保険でしょう!!

え。違う?(;´・ω・)それって我が家だけ??

まあ、いーや。←全然良くない(笑)

保険には、学資保険のほかにも、医療保険・生命保険(死亡保険)もあり、子供が産まれたら加入しようと検討している親御さんも多いと思います。

健康保険や公費でも助成される赤ちゃんの医療費や、保険の加入はいつからが良いか?など、詳しくみていきましょう★

 

赤ちゃんにかける保険の種類を教えて~!!

保険と一言で言っても、いろんな種類がありますよね…(;´・ω・)赤ちゃんに対してかける保険なんて学資保険しか知らないよ!って方(そう!!)保険には5種類あるので、ここで勉強していきましょう★

  • 学資保険
  • 医療保険
  • 傷害保険
  • 生命保険(死亡保険)
  • 個人賠償責任保険

赤ちゃんが産まれて、ママとパパが最初に検討するのは、教育資金の積み立てが目的の学資保険ではないでしょうか?^^

学資保険って、いったいどんなものか知っていますか?私も年子ちゃんが産まれる前に、学資保険の加入について、物凄く調べていた記憶があります(;´`)

結局加入したのは、年子ちゃん達が産まれて1歳になる前に加入しました◎では、いつから加入できるのか、簡単に紹介していきます。

学資保険

学資保険は赤ちゃんが産まれて最初に検討する保険です。主に、まとまった教育資金が必要となる高校生や大学進学の為に積み立てするものです。

産まれてから、検討するという人も多いかもしれませんが、学資保険は妊娠中から加入することも可能なんです!早めに加入することによって、月当たりの支払う額が安く済むため、妊娠中から加入するママさんも多いです。

同じく、教育資金の積み立てをする定期預金などと違う点は、契約者がパパかママになるという事です。契約の内容によっては、契約者に万が一のことがあった場合、保険料の支払いが免除となることもあります。

 

赤ちゃんに医療保険は必要なのか?

赤ちゃんの医療日には、公的な助成があります。そのため医療保険は必要ない!といえるかもしれません。でも、中には赤ちゃんに医療費をかけておきたいという方もいると思うので、そんな人の為に解説します♡

乳幼児医療費助成制度とは?

日本は国民皆保険制度となっています。これは、国民の全員が国保や組合保険などの公的な健康保険制度に加入するというもので、これによって病院などにかかった時の医療費の本人負担は、6歳までの未就学児で2割となっています。

住んでいるところの自治体にもよりますが、無料・または数百円の自己負担で病院や薬局にかかることが出来ます。

これは、通院・入院とわず使うことが可能です。このため、赤ちゃんが重大な病気になった時に、その治療が保険適用の範囲内であれば莫大な医療費の支払いが必要になるということはないのです。

また、県外の病院に受診した際の費用として、対象外の場合もあるので注意が必要です。

 

赤ちゃんは入院する可能性が高い

上でお話しましたが、もし、我が子が入院したら・・・と、考えると、費用が全く掛からないということは、言い切れないのです(T_T)

医療費は助成されますが、24時間ママが付き添わなくてはいけない場合に食費がかかってしまったり、病院が遠く、通院に交通費がかかってしまう、などという場合、想像以上に費用がかさんでしまうと思います。

厚生労働省では「平成26年(2014年)患者調査の概状」によれば、0歳児が入院する人数は人口10万あたりで1062人です。これは、1~4歳の170人と比べて多いと言えます。

その為、医療保険をかける親御さんもいるのが現状です。

私の地域は、公的助成があまり充実していない地域ということもあり、赤ちゃんのころから医療費はかけておいてます。

小さいうちは、特にケガも多く、頭を切る大けがをしたり、転んで足をくじいて捻挫したりと、病院に通うことも多かったので、年子ちゃんの場合は、医療保険に加入していて良かったなぁ!と、思う事が多かったです◎

 

赤ちゃんが医療保険に入るならどんな商品を選ぶといいの?

上で解説したように、赤ちゃんの医療保険への加入は絶対に必要なものではないです。が、私のように加入した方が「お得で安心」なら、民間の保険会社だけでなく、都民共済や県民共済などの共済保険も検討してみるといいですよ^^

共済保険は、一般的に保険料が安く保障の範囲も広いので、赤ちゃんの保険としても人気があります。

また、一方で民間の保険会社の商品では、保険料が年齢によって上がらないなどのメリットを打ち出しているものもあります。さまざまな商品を比較して、赤ちゃんに合った医療保険を選びましょう★

 

赤ちゃんが医療保険に入るなら・・・。いつ入ればお得?!

加入するのであれば、なるべく早く!!をおすすめします^^できることなら、産まれてすぐに加入するといいでしょう。

なぜなら、医療保険は持病や既往歴があると加入が制限されてしまうためです。もしも、妊娠中で加入を検討している場合は、赤ちゃんが産まれてすぐに入ることをおすすめします◎

 

学資保険も、生命保険も、愛しい我が子の為に

学資保険は、加入を早くから検討するパパやママさんがいいですよね^^一方医療保険や生命保険は赤ちゃんが加入することについてあまり考えないかもしれません・・・。

将来、子供にプレゼントするというのは、教育費の為に積み立てる学資保険と考え方が似ていますが、教育よりさらに先を見据えた温かい愛の形とも言えます。

子供の20歳のお祝いに、将来結婚するときや、独立するときになど、プレゼントする時期はパパとママ次第です。赤ちゃんの生命保険を検討する際には、保険について夫婦で話し合ってみてはいかがでしょうか?

因みに、私の旦那さんのお義父さん・お義母さんは、旦那が30歳の時に私たち家族の為に家を建てる資金として、払い終えた満額の保険金を私達家族にお祝いとしてくださいました。

そうやって、親は子供為に一生懸命貯めたお金をこのような形で注いでくれるもんなんだなぁ…。と、旦那の家族を見て思いました。

もちろん、そんな家族ばかりではないので、私も見習い自分の子供にこうして何かを形にしてプレゼントしてあげれたらいいなぁ。と思いました^^



最後に

おすすめ保険相談窓口 保険マンモス【訪問型】

保険マンモスが提携しているファイナンシャルプランナーは、実践経験が豊富でほとんどの方が有資格者です。適切なアドバイスがもらえるので、スッと頭に入ってきて納得しすこと間違いなしの保険屋さんです!

万が一、ファイナンシャルプランナーが失礼な事をした際は、担当を変えることも可能ですし、強引な保険の勧誘もないので安心して相談出来ます(*^▽^*)

自宅に来てもらうことも可能ですので、保険の相談でしたら、是非保険のマンモスにご相談ください♡
保険マンモス
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました^^

あかまつりかでした♡

 

\こちらの記事も人気です/

年子が産まれて車が窮屈に。車を買い替えようか、乗りつぶすか・・・あなたはどっち派?

年子を計画中のあなたへ。計画的に妊娠出来るおすすめサプリ5選!不妊カップルにも人気のランキング★

実はいいこと盛りだくさん!年子育児のメリットとデメリットについて

赤ちゃんは女の子?男の子?年子ちゃんの産み分けに挑戦!


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com