離乳食

ボツリヌス菌とは?赤ちゃんに蜂蜜を食べさせちゃいけないの?

赤ちゃんが生後5~6ヵ月になると離乳食がはじまります。

食べさせていいものと、悪いもの(※ 一定の期間のみ)があるのは知っていますか?

 

赤ちゃんには、一定の期間の間、食べさせてはいけないものがあります。

その一つとして「はちみつ」があげられます。

理由もキチンとあるのに、知らない人が多いのがほとんど。

そこで今回は、赤ちゃんがはちみつを食べてもいい時期・危険な理由をふまえて記事に書いていこうと思います。

 

目次
●赤ちゃんにはちみつを食べさせていけない理由とは?
●赤ちゃんはいつからはちみつを食べてもいいの?
●赤ちゃんが蜂蜜を食べてしまった時の対処法は?
●最後に

 

赤ちゃんにはちみつを食べさせていけない理由とは?

赤ちゃんがはちみつを食べてはいけないとされている理由は、はちみつに含まれているボツリヌス菌によって、乳児ボツリヌス症という病気になってしまうからです。

ボツリヌス菌は、食中毒の原因になる菌の一種で、普段は威力を発揮しませんが、赤ちゃんの体はボツリヌス菌にとって格好に良い環境であり、繁殖しやすい、といわれています。

 

はちみつに含まれているボツリヌス菌は極微量なため、大人が食べても何の問題もないのですが、 赤ちゃんが食べてしまうととても危険な状態になるのです。 

一度でも口に運んでしまうと、ボツリヌス菌は繁殖し、威力を食い止めめることはできません。

そのため、乳児ボツリヌス症を発症します。

ボツリヌス菌は、100℃の熱でも殺菌することが難しいので、早いうちからのはちみつを使った離乳食はやめておきましょう。

 

赤ちゃんはいつからはちみつを食べてもいいの?

赤ちゃんがはちみつを食べていいのは、1歳を過ぎてからです。

厚生労働省の離乳食の資料にも「はちみつは乳児ボツリヌス症予防のため1歳まで使わない」と記載されています。

 

乳児ボツリヌス菌を発症しやすい時期は、主に 生後3か月~6ヵ月の乳児 と言われています。

なので、1歳になるまでは危険な食べ物は控えておきましょう。

 

補足説明
しかし、他の食物でアレルギーがある場合は、はちみつを食べさせる前にかかりつけ医に相談することをおすすめします。

 

1歳を過ぎ、はちみつを食べる場合は体調が良い日を選び、小児科や病院が開いている曜日の午前にはちみつを少少量加えて、様子を見ながら慣れさせていきましょう。

焦る必要はまったくないですからので、ある程度大きくなってから食べさせても大丈夫ですよ。

赤ちゃんが蜂蜜を食べてしまった時の対処法は?

ここでは、赤ちゃんが蜂蜜を食べてしまった時の対処法を含めて、ボツリヌス菌の潜伏期間や、注意点をまとめてみました。

厚生労働省によると、日本における蜂蜜が含まれている市販の商品は、ボツリヌス菌が含まれる可能性が最大で、6.7%も含まれています。

万が一、赤ちゃんが蜂蜜を食べてしまった場合は、すぐに症状が出ない場合でも、以下の点に気を付けましょう。

 

ボツリヌス菌の潜伏期間

発症までの潜伏期間が3~30日と長期にわたるので、3日以上続く便秘など、ボツリヌス症の消化器の系の症状が出ていないかを継続的にチェックする必要があります。

少しでも、普段と違う様子があれば、すぐに小児科を受診しましょう!

 

赤ちゃんが蜂蜜を食べてしまった時の対処法

  • 口や体、手についた蜂蜜をふく。
  • 母乳や、ミルク、水などを飲ませる。
補足説明
赤ちゃんが蜂蜜を食べてしまったときは、死に繋がることもないとは言えないので、すぐに処置しましょう。その時、ママやパパは落ちついて行動することです。

 

赤ちゃんが蜂蜜を食べてしまった後の注意点

  • 生後6ヵ月未満の赤ちゃんは特に免疫力が弱いので、蜂蜜を食べてしまったらすぐに小児科を受診しましょう!
  • 生後6か月以上であれば、食後1か月間は症状が現れないか、注意深く様子を見る。

 

最後に

赤ちゃんが満1歳になるまで、蜂蜜の使用は控えましょう!

蜂蜜は健康にいいものですが、1歳未満の者にはくれぐれも食べさせないように気を付けましょう!

外食した際、どこかの家庭でご飯を頂く際など、市販の食品には、思いがけないものが入っていたりします。

蜂蜜本体だけではなく、蜂蜜を含んだ食品にも注意が必要です。

「1回食べてみてなんともなかったから大丈夫!」とはならないので、蜂蜜の使用には特に(離乳食)十分注意しましょう。

ピックアップ記事

  1. 40代から始める高齢妊娠。高齢出産のリスクと出産費用について。
  2. 必読!無添加で体に安全なダイエット酵素の選び方
  3. 使い心地・月齢別、おすすめスキンケア!洗争料部門
  4. 年子を妊娠したい方は必見です!年子の計算を簡単にできるアプリ
  5. 年子の育児漫画|産後うつとマタニティブルー

関連記事

  1. 離乳食

    1歳の誕生日ケーキは手作り?それとも普通のケーキを食べれるの??

    1歳の誕生日ケーキをどうしようか…。悩むパパさんやママさんは多…

  2. 育児トラブル・悩み

    ヒブワクチンとは?予防接種の回数と間隔について。副反応とは何?

    早いうちに赤ちゃんが接種すべきワクチンはたくさんあって、…

  3. 離乳食

    【離乳食】12カ月~1歳半頃の離乳食完了期の進め方とコツ!

    この時期には、離乳食も徐々に落ち着きはじめ、大人の食事への段階を上がる…

  4. 離乳食

    離乳食を卒業します!幼児食って何?1・2歳の食事量とおすすめ献立

    離乳食を卒業して、いろいろなものが食べられるようになってくる1~2歳の…

おすすめ記事

最近の記事

  1. 肉割れケアに効果的なクリーム!おすすめはプレマーム
  2. STDチェッカー実際に試して見た感想・レビュー
  3. 妊婦の為のノンカフェイン飲料たんぽぽコーヒー【ぽぽたん】口コ…
  4. 【妊婦さんの腰痛対策に】妊娠したらエンジェル・サポートマット…
  5. 年子の育児漫画|保育士になってよかったと感じる瞬間
  1. スキンケア

    ママコスメ(mamacosme)クレンジングバームを体験レビュー!使い方やメイク…
  2. ▼育児

    【寝かし付け】年子兄弟がなかなか寝ない時は、この方法を試すべし!!
  3. ▼妊活

    実はいいこと盛りだくさん!年子育児のメリットとデメリットについて
  4. 妊娠の準備/妊活

    二人目の育児はこれが欲しい!兄弟育児を助ける便利グッツ
  5. 妊娠中の注意・NG行為

    妊婦さんがお葬式に参列する時のマナーって?喪服や鏡の言い伝えについて。
PAGE TOP