アトピー・その他皮膚炎

湿疹の原因はなに?アトピー性皮膚炎の症状と薬について紹介していくよ!

年子のまぁちゃんも毎月のように病院通いしている「アトピー性皮膚炎」

今回は近年増加傾向にある、「アトピー性皮膚炎」について紹介していこうと思います。

 

近年、「アトピー性皮膚炎」を発症する子供は、増加傾向にあります。

患者数が多いにも関わらずその実態についてはあまり知られていません。

 

実は、そのあまり知られていないことが原因で不安に感じるママやパパも多いほどなんです。

今回は、アトピー性皮膚炎について、原因や治療法について記事を書いていこうと思います。

 

目次
●子どものアトピー性とは?
●アトピー性皮膚炎を発症する原因について
●アトピー性皮膚炎の治療法について
●子どものアトピー性皮膚炎のホームケアの方法は?
●子どものアトピー性皮膚炎は根気強く治療していこう!

 

子どものアトピー性皮膚炎とは?

子どものアトピー性皮膚炎とは、皮膚の乾燥とかゆみを伴う湿疹が現れる皮膚の病気です。

かゆみを伴うため、とてかゆくて、掻きむしることもしばしばあると思います。

 

年子のまあちゃんも、薬を塗っていても、かゆくて肌をガリガリと掻きむしってしまうほどです。(※ 薬を毎日服用・塗布してもまったく良くなりません・・・)

症状が悪くなったり、よくなったりを繰り返すことがあり、気候や季節によって、肌の状態も変わるようにアトピー性皮膚炎も症状が悪くなったり、よくなったりを繰り返します。

 

早い場合だと、 生後2~3カ月 ころから、症状が現れてきます。

年子ちゃんのまあちゃんの場合もアトピー性皮膚炎とわかったのは、生後5か月ほどだったので、この湿疹がなんなのか私も分からなくていました。

 

アトピー性皮膚炎を発症する原因について

生まれつきアトピー性皮膚炎になりやすい体質の場合、食事を通して食物アレルゲン(特にタンパク質)や環境アレルゲン(ハウスダスト・ダニなど)が体内に取り込まれた時に、

過敏に反応して、アトピー性皮膚炎を発症すると考えられます。

 

また、肌が乾燥して引っかいたり、汗や服の素材などから刺激を受けることで、皮膚の機能が低下することもアトピー性皮膚炎の原因とも考えられます。

遺伝の場合も考えられますので、家族の誰かがアトピー性皮膚炎だと、生まれてくる赤ちゃんもアトピー体質になることが多いかもしれませんね…。

 

ちなみに・・・

家族の誰かがアトピー性皮膚炎だからといって、必ず赤ちゃんがアトピー性皮膚炎だ!ということはないので、ご心配なく。

アトピー性皮膚炎の治療法について

現状では、アトピー性皮膚炎を根本的に治療する方法はなく、症状に合わせて、ステロイド外用薬や非ステロイド外用薬、保湿薬、かゆみ止めの服用薬を使って治療するのが一般的です。

症状が酷いときは、アトピー性皮膚炎は引き起こしている原因の物質(アレルゲン)を調べる検査を行うことがあります。

ここがポイント!
0~1歳の子どものアトピーは、卵や牛乳、小麦などの食物によって起こっていることがあり、アレルギー検査によってアレルゲンが判明した場合は、それらの食べ物の制限を摂取方法を医師から指導されることがあります。

 

年子のまあちゃんの場合は、頭皮にも出来るのですが、頭皮にできた場合は髪の毛に守られているので1日1回でも良いのですが、顔にできた場合は常に空気に触れて乾燥しているので、何度も薬を塗る必要があります。

このように、部位によって、薬の塗り方が少し異なるため、処方された際は、医師の確認しておくと、とっても有効的です。

子どものアトピー性皮膚炎のホームケアの方法は?

アトピー性皮膚炎を発症した場合は、医師の指示に従って治療を行いながら、家でも悪化させないように、ケアすることが大切です。

子どもは患部がかゆくてかゆくて、かき壊してしまうことがあるため、普段から爪を短く切って、おくと良いでしょう。

また、肌を清潔に保てるように、汗をかいたりしたら、シャワーで洗い流したり、絞った濡れタオルで拭いたりしてあげてください。

 

入浴の際には、子供用の低刺激の石鹸をよく泡立てて、ガーゼや手で優しく洗い流します。

そして、ぬるめのシャワーで洗い流してください。

子どものアトピー性皮膚炎は根気強く治療していこう!

アトピー性皮膚炎は、良くなったり、悪くなったりを繰り返す病気で、頑張ってホームケアしても、悪化してしまうこともしばしば……。

しかし、アトピー性皮膚炎の7~8割は思春期まで治まってきます。

 

悪化したように思えても、治っていく途中だと考えて、根気強く治療に取り組んでいけるといいですね^^

まずは、保湿剤のみでケアをして対応してしていきましょう!

 

保湿といえば、アトピーにも効果があるクリームなので、こちらもよかったら是非試してみて下さい

ピックアップ記事

  1. 実はいいこと盛りだくさん!年子育児のメリットとデメリットについて
  2. 理由も分らずイライラ・不安定、おまけに大爆発!?PMSと上手に付き合う方法
  3. これから年子ママになる方へ。年子育児で疑問に感じたことをピックアップしてみました…
  4. 望まない妊娠で、命を失う子供たち。
  5. 【年子妊娠】葉酸サプリメントでつわりが軽減?いつまで服用すればいいの?

関連記事

おすすめ記事

最近の記事

  1. AFCマタニティクリーム「mitete」をレビュー!妊娠がわ…
  2. Lara Republic(ララリパブリック)は妊娠初期にお…
  3. 年子の育児漫画ーゴミ
  4. 妊活サプリトップクラス!マカナは夫婦で摂取するのがおすすめ?…
  5. 年子の育児漫画ーいすとりゲーム
  1. 妊娠初期~1週から15週~

    【年子妊娠】4週目のママと赤ちゃんの症状、つわりの傾向を見てみよう!
  2. 望まない妊娠

    望まない妊娠で、命を失う子供たち。
  3. 妊娠の準備/妊活

    年子を妊娠したい!授乳中に妊娠する方法
  4. 感染症

    またも子供が発熱して仕事を休む年子ママ。私、仕事をクビになりそうです。
  5. 妊娠後期~28週から40週~

    妊娠9か月32週目に入りました!赤ちゃんの体重と胎動について
PAGE TOP