【2017年最新版】節分丸かぶり!恵方は北北西です!年子ちゃんもやりまっせ




クリスマスも終わり、一息つきたいなぁ・・・。と思ったら、あっという間にお正月がやってきます。そして季節は流れ、気分はすっかり春。

なんだか今年はあっという間に一年が終わってように感じます。

さて、今回は節分の話です。節分は、なじみのある行事として、毎年行っていますが、その由来を聞かれると、たぶん・・・

私は答えらえないですね;つД`)苦笑

今日は毎年行われる節分について書いていきます!

 

節分の由来と何故、豆まきをするのか?

節分は、季節の分かれ目を意味します。昔は、季節の節目は邪気が入りやすいと言われていました。特に新年は鬼がやってきやすいとされていて、鬼は災害や事故・病気と言った災いを運んでくるものとされていたので、1年の無病息災を願って、福を呼び込むために節分に豆をまいて鬼退治をするようになりました。

恵方巻を丸かぶり★やり方を伝授しちゃうよ!

 

1.節分である2月3日は・・・

2月3日は節分の日。節分は立春の前日をさして、昔は立春を1年の始まり、としていました。この日に丸かぶりすると、その年は幸運が巡ってくると言い伝えられています。

注意説明

「丸かぶり」とは、関西弁で「丸かじり」のことを言います。「のり巻き」のことも関西では「巻きずし」と言うそうです。

因みに関東では「のり巻き」と呼んでいました。

地域によって、呼び方や呼び名が違うので、なんか面白いですよね^^

 

2.恵方を向いて食べる


恵方(えほう)とは、十干により、その年の幸運を招く方角のことを言います。

歳徳神(としとくしん)の神様がつかさどる方角とされていて、その方角を向きながら恵方巻を食べると良いとされています。

恵方は毎年変わっていって、2017年は、北北西の方角になっています。

 

3.巻きずしを切らずに食べる

なぜ、、節分に巻きずしを食べるようになったのでしょうか?これは、のりを「巻く」ということから、「福を巻き込む」、「切らずに食べる」ということから「縁を切らず」という意味が込められている説が有名です。

また、巻きずしの形が黒くて太いことから、鬼の金棒をイメージして豆をまくのと同じように、鬼の金棒を食べて鬼を退治しよう!という意味合いもあるそうです。

 

4.無言で丸かぶりしながら、お願い事をする

恵方を向いて、無言でお願いごとをしながら、巻きずしをガブっと丸かぶりして食べましょう。家族みんなでお願い事をしながら、食べて福を沢山呼び込みましょう!

年子ちゃんたちも大好きな巻きずし!子供が美味しく食べられる恵方巻レシピ★

 

小さな子供がいる家庭では、どんな恵方巻がいいか?子供が食べやすい材料を細かく切って入れてみたり、柔らかい食材を使ってみたりと、いろいろ工夫しながら、子供にも食べやすい恵方巻を作ってみましょう!

きっと、子供も喜ぶこと間違いなしですよ^^♡

 

子供が好きそうなエビ・かにかま・マヨネーズを使った巻きずしはいかがでしょうか?

また、太く巻かずに細く巻いていくと、子供も食べやすい大きさの巻きずしになると思いますよ^^

今回は巻き寿司メーカーというものを使って簡単に手巻き寿司を作ってみました!簡単で時間も短縮出来ちゃう美味しい手巻き寿司を作ってみましょう★

 

▼エビと卵のふんわり巻き

材料

  • のり  1枚
  • 寿司飯  200g
  • エビ  2尾
  • かにかま  少々
  • 卵焼き  少々
  • ゴマ  少々
  • マヨネーズ  適量

 

作り方


エビの甘さと、卵の甘さとマヨネーズがとっても良く合います。

このうま味が子供に好まれる味になっていて、何個でもお代わり出来ちゃうようなく癖になる味になっています。

因みに、卵はすこーし甘めに焼いてあげると子供がもっと喜ぶと思いますよ^^あまり固く巻きすぎない方が食べやすくて子供用の巻き方の決め手になってきます。

  1. ご飯を巻いて、寿司巻きをつくります。
  2. 卵焼きは細長く切って、
  3. キュウリも細長くきります。
  4. 寿司飯の真ん中あたりにカイワレ大根とゴマを適量乗せていきます。
  5. 上に寿司飯を置いて、軽く押します。
  6. のりできゅっと優しくまけば、出来上がり♡

3歳以下の豆まきについて

毎年、小さな子供が豆を詰まらせる事故が起きています。3歳以下の子供は、ピーナッツや豆類を上手く噛んで食べることが難しく、喉に詰まらせてしまいがちです。

豆が気管支に入ってしまうと、呼吸困難や肺炎を引き起こし、最悪、死にいたることもなくはないのです・・・

注意

特に0~1歳児の子供が多く、異物を取り除くには、気管支境を使った手術が必要となります。

楽しい節分の時期にそんな風になってしまわずよう、子供が幼い内は十分に注意し、安全な方法で豆まきを楽しみましょう!

 

 

子供と一緒に節分を楽しもう

小さいお子さんをお持ちの家庭は、豆まきをするのはちょっと難しいのかもしれません。炒った大豆などをまくのは、少し怖いので、家では小袋に入った豆を買ってきて、小袋ごと「鬼は外~!」とまいてます。(笑)

豆の代わりにお菓子なんかをまく家庭もあるみたいですね♡

皆さんの家庭はどうでしょうか?^^自分なりに工夫して、赤ちゃんや子供と楽しい節分を過ごしてくださいね★

記事を最後までよんでいただき、ありがとうございました^^

あかまつりかでした♪

 

こちらの記事も人気です★

[年子育児]寒い雪の日の過ごし方。やっぱり楽しんだもの勝ちだよね♡

 

 

 


年子ママの妊娠カレンダー【e-book】


このE-bookは、そんな悩める子育てママの為に作られました!
そして、このE-bookは・・・

●あなたが悶々と悩んでる原因と解決策が詰まっています。
●妊娠中の過ごし方を知る。
●妊娠中のメリット・デメリットが分かる。
●お腹の赤ちゃんについて、分かる。

などについて、分かりやすく、解説しています!


ABOUTこの記事をかいた人

あかまつ りか

【あかまつりか】と申します^^20台後半、年子ちゃんの子持ち主婦です。 ブログを始めたきっかけは、「このブログが将来年子ちゃん達の遺書になってほしいなぁ」と、始めたのがキッカケです。 実は、私、中学生の時から婦人科に通い詰めで、「将来は子供が出来ない」とまで、医師に宣告されていました。それが、奇跡がおき、子供は可愛い年子の男の子と女の子に恵まれ、今は精一杯子育てを楽しんでいます*。 今後の目標としては、育児に悩む女性が(お母さん・又はこれから妊活しようとしている人たちのコミュニティーサイトを作っていきたいと考えています^^ もし、ご縁がある方はコニュニティーサイトまで足を運んでいただけると嬉しいです。 あかまつりかのブログ:http://rika01.com 連絡先メールアドレス:ri2445717@gmail.com